科学的ではないこと だがしかし拠りどころ

  • 2020.01.05 Sunday
  • 12:44

みねんこです。

年末年始、比較的長い時間を両親と過ごして、科学的思考ではない空間で育ったことをあらためて感じました。

 

たいした会話ではないのですが、インフルエンザ予防接種のこと。

昨年両親はかかりつけの内科医に予防接種を申し込んだあと、予約が混んでいて接種日まで数日間待ったそうです。

わたしは毎年会社の保険組合による集団接種(希望者のみ予約制、給与引き去り)を受けるのですが、今年は予約日に風邪で体調を崩し、変更手続きもしないまま、接種せずに終わりました。

 

年齢や生活形態や社会集団と接する機会や領域が異なれば、予防接種に対して期待することも違うよね、という話をしました。

混雑電車で通勤して、多くの人と外で接する勤め人(わたし)は、そこでウィルスを取り込まないようにと考えています。

ほとんど外での活動がない高齢者である人(両親)は、り患しないこと、もしそうなっても症状がひどくならないことを期待して受けている。

 

 

予防接種したのにインフルエンザり患した話を聞くことがあるし、接種しなくても無事にシーズンを乗り切った経験もある。

当たり外れのようなもの、運・不運としてとらえている。

今シーズンの結果は、来年の予防接種判断にあんまり深く影響しないね、と話しました。

 

ようするにあまり効果を信じていないし、それを判断する科学的な裏付けに乏しい(興味関心が薄い)感じです。

お守りや祈願のようなスタイルで受けている。

科学的ではない空間といったのはこういうことで、情報収集や分析姿勢、結論までの道のりが科学的ではない。

 

とはいえ予防接種したから絶対大丈夫、り患リスクゼロとか過信妄信はしないので、あまり科学技術に対する熱い信頼も置いていない。

これをやれば絶対大丈夫などの考え方に、宗教を信仰するように熱心になって、人に説いたり布教したりはしない。

 

自分の先のことは、あまりはっきりわからない状態で生きている。

 

しかし、今年はニンジンとダイコンのサラダを毎朝食べているから、去年より栄養バランスが良い食生活をしているという自覚は強くあるようです。(両親)

このようなポジティブな感覚よりも、この数年間で体力気力が落ちてることへの気づきのほうが数十倍あるはず。(後期高齢者ですから、、、

 

生活実感があること。

 

両親の家は25年以上、床に座って座卓で食事をする生活でしたが、去年の夏に立ち上がるのがエライきつくなって消耗するのでソファ暮らしに切り替えました。

布団の上げ下げで、居間の続き間を広々と使うスタイルも、消耗するのと肩が上がらなくなったので、すのこベットにして引きっぱなしに切り替えました。

 

実感をベースにして小さな取り組みを日常に入れること。(同時に何かをやめること

大きな主語の科学的検証ではなくて、個人の小さな観察と実験の繰り返しで日常遣いのマイ科学をやっている感じがします。


予防接種のありなしにかかわらず、不運にもインフルエンザり患してしまったときには(人には)、科学的な考察や解説よりも、お見舞いの言葉しかない。

災難だったね、ゆっくり休んで、また元に良くなって。

お祈りするしかないよね。まあでもそうならないように、お互いにできるだけ自分で注意して。

 

わたしの場合、科学的な思考と分析と判断にあまり強くないという感覚がある部分が、占星術とうまく合っている気がします。

これは個人的な感覚であり、占星術とは〇〇〇であるという意見ではありません。

占星術を自分になじませてきた様子を振り返ったときに、科学的な実証や根拠とは違う部分に自分自身は信頼を置いているという気づきがあり、それを何とか言葉にしようと書いてみた次第です。

 

 あったか葛湯

 

2020年は、毎月対面セッションの機会を設けて、クライアントを募集しようと思います。(去年は中断の月があった

これは事前にチャート分析準備をして臨みたいのでフラッと通りすがりにではなく予約制で。

フラッと気軽に、偶然の楽しさの中でやるのは、星茶の時間にやります。こちらもできるだけ事前告知で利用してもらいやすいように考えます。

 

対面セッションと星茶、コラボセッションと火星サイクルワーク、毎年やっていることは同じですが、ちょっとずつ実験して言いますので、今年もよろしくお願いいたします。


あと、動物園にローラ(ゴリラ)に会いに行きたい。コアラにも会いに行きたい。

今年の抱負です。

 

(おわり)

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2020.02.13 Thursday
  • 12:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM