リロケvol.11レポート 水脈を求めて歩く 信仰

  • 2019.08.14 Wednesday
  • 16:37

みねんこです。8/10土曜のリロケーション、土地との縁を読むオープンセッションの感想です。

猛暑の日、灯台屋に到着した皆さんの身体、表面だけではなく血液全体、内臓や脳内までが温度上昇していました。

 

奇しくもこの日、最初のセッションでおっちゃんが読んだビジョンは、乾いた土地で水を探し求めているビジョン。

この日はお出かけ先各所で涼と潤いを求める心境で過ごしていた人が多いんじゃないかと思います。(おっちゃんは天気をリーディングしたわけではないww)

 

水は飲料や生活用水ではなく、神聖な用途のため。

その在りかを既に知っている誰かの指示を受けて水を取りに行く「お遣い感覚」じゃないんですね。乾燥した気候では季節によって川の流れが姿を変え、場所を変え、時には消えることもあり、土地の人びとに水の在りかを尋ねながら、隠れた水脈を探し歩く。

 

ここからはわたしの感想と想像です。

在るかどうかはっきりしないけど、どうしても必要な水を探しに行くことは個人と共同体の運命に関わると考えられます。

現代的な職業、仕事や労働とは少し違う感じでしょう。手ぶらで帰っては意味がありませんし、この人に他に帰るところはありません。

 

水を探すのは一人ではなく複数いたかもしれない。集団にとって重要な事柄であれば、きっと同時に多方面に向けて数人を派遣しているでしょう。

あるかどうかわからない探索の要請(ミッション)をうけて外に出ていく。この役目は徒労に終わるかもしれない仕事でもある。

 

この日おっちゃんが読んだビジョンには複数の「信仰」に関連するものがありました。

運命の水はどこかに必ずあり、自分はそれを見つけることができると考えて(期待して、信じて)行動するのも信仰の力。

 

 

 ステンドグラスと祭壇いずもねしあ (高円寺 あわいものや)

 

成果と引き換えに仕事の報酬を手にできる取引条件で水探しを請け負っているわけではないでしょう。

広大な土地を歩き、自分の直感をフル稼働して探す。個人が力を尽くしても、天の運が味方しないときには、何事も上手く運ばない。

 

もし数ヶ月かけてミッションにふさわしい水が見つからないままに元の場所に帰ってきたとき、それは失敗なのか。

(水を探しに行かずに文句や批判だけの外野はダマレです)

派遣した10人がみんな手ぶらで何の成果もなく帰ってくる運命もあるかもしれない。

 

集団のサバイバル的状況は、水が見つからないこと以外にも集団の信頼関係を損なうことも当てはまる。

結果ばかりを問題にすると、報酬がなくなるという不安から不適切な操作やインチキが生まれやすくなる。

適切な手順によらない水、神聖なミッションにふさわしくない水をあてがって事を済ますような簡便化。そういった水は誰もが望むものではないので、集団と個人の良心とか信頼に関係します。

 

徒労に終わる作業、報われない行為、見返りの得られない仕事。

それも我が運命として作業を引き受けること自体に勇気や誇り、奉仕の気持ちが入っていると考えられます。

 

8/10セッション開始時のチャートは、射手座の木星がアセンダントにあり、そばには月も。

射手座の月は、獅子座の太陽とぴったりのトライン120度で9ハウスに。9ハウスはもともと木星の部屋です。

太陽には金星がコンジャンクション、少し離れて火星も獅子座です。

 

火エレメントの強調は自由や正義を重んじる性質、集団より個人です。

射手座は集団性に関係するサインですが、どんな環境や境遇においても自分の良心や信仰にかなった行動をする事に焦点があり、集団の中で正々堂々と個人を発揮して全体によい貢献をする事を目指します。

 

ふたつ目のビジョンでも「出るかでないか分からないけど掘る」作業が現れました。

近代の考古学の発掘作業。考古的な発見や歴史的な解明は人類にとって大きな宝。

珍しいもの、奇貨を手に入れることは木星的な豊かさの象徴です。

こういった作業への関心は、衣食住が満ち足りた富裕層が人生にロマンを求めたい衝動から始まったんだろうと思います。

 

打ち捨てられた土地に埋もれた土器の破片に意味を発見していく作業も木星的。

農耕に不向きの乾いた土地で、外から来た豊かな人びとが発掘事業が開始すると、作業により雇用と収入、お金と物資を得られます。聞きつけた人が多く集まってくるでしょう。地元の人たちの昔からの暮らし方が変わり始めます。

こういったよさげなモノに人が集まるブーム現象も木星的。

 

木星は文化的、教養知性に関係します。

信仰や道徳心、世の中を暗い淵(無知や暴力)から救いたいという衝動もあります。

また同時に世俗的な報酬や名声も表し、ひとやま当てて成り上がった金持ちが王様のように立ち振る舞ったり、尊大な態度になるのも木星の影響であったりします。

 

火エレメントと言えば、権力志向を獅子座的に分析するセッションもありました。

個人が集団に対して影響力や支配する力を持つと「権力」になります。

よい影響力を持ち、曲がったことを排除し、世界を正しくしていきたいという信念から、権力の世界に近づく運命もあり、その意味において獅子座と射手座の組合せは権力や影響力と関係しやすいと考えます。

 

 

リロケーションで得るビジョンを聞くと「仕事」「役目」「役割」「報酬」「成功」の形や意味合いが時代や場所によって様々だと感じます。

クライアントさんの土地との物語(おっちゃんが持ってくる転生ビジョン)をホロスコープの各天体に探しながら、今の人生にヒントとしてお戻しする。これがわたしのお役目です。

 

火エレメント集中の日。

セッション会場・灯台屋にたどり着き、灼熱の外気から逃れられた皆さんホット一息。

ですが、開始時に感じた快適な体感効果が徐々に薄れていき、、、エアコンをフル稼働・扇風機も回していましたが、9人の火照った身体とノートPCとプロジェクターの放熱が、エアコンの働きを相殺する状況に。

室内で座ってお話しするだけでもとても体力消耗する3時間半、ご参加の皆様はたいへんお疲れ様でした!!

 

(おわり)

リロケ次回のご案内はこちら http://nonakaba.jugem.jp/?eid=765

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2020.01.20 Monday
  • 16:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM