カイロンの涙 新サイクルへ移る前に

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 18:18

みねんこです。カイロン(http://nonakaba.jugem.jp/?eid=695)の続きです

昨日12月3日、金星が再び蠍座入りしました。

今日12月4日、魚座カイロンRは蠍座水星Rとトライン120度、ピークです。蟹座のドラゴンヘッドとグランドトライン。

 

火の射手座に木星と太陽が入っていますが、水のエレメントに水星金星火星の個人天体がある影響で、ぱきっとした言葉に変換できない雰囲気。

月も蠍座に入ってクロージングモードで射手座の新月へ。そのモヤモヤ感は正解でしょう。

 

12月7日、蠍座水星が順行に。そして射手座の新月。魚座には海王星と火星の正確なコンジャンクション。

12月9日、カイロンも順行になります。その直後に水星とのトラインがもう一度正確なトラインに。

 

12月13日に水星が再び射手座に戻ります。が、12月15日の魚座の上弦の月を過ぎるまでは水の雰囲気かな。

火が燃え出すのは、17日18日に牡羊座の月になってからだと思っています。(個人的には)

 

 

この2週間は、これまで悲しみきっていない、嘆ききっていない、出し惜しみしている感情を放出するタイミングでしょう。

意識で押さえ込んできた隠れた傷のために我慢せずに涙を流すときでしょう。

 

魚座の火星は激しさもあるので、親しい人を捕まえて話し込むよりも、映画や小説、舞台や音楽など表現の形を通して心のドラマに触れるのがいいと思います。

ドラマに入り込んでたくさん泣いてください。たくさん怒ってください。

 

ドラマは終わり、あなたの現実に戻ります。どんな気持ちになるでしょう。

ドラマの余韻を現実に持ち込まないこと。ドラマをしっかり体験して、そこでなり切って、やり切って、現実に還ってきてください。

 

中途半端な鑑賞では、ドラマ中の架空の情念を通して自分の不の感情を浄化することはできません。

誰かと見に行くより、一人で行って思いっきり浸りましょう。

 

なぜなら、いまは火星とカイロンが魚座終盤のクロージングモードだからです。

魚座最終盤のカイロンはサイクル50年分の悲しみを抱えているため、傷や悲しみに触れる場面が多くなります。

 

次のサイクルに持ち越さないためにここで出し切る、お弔いして、天に返すのです。

だから出さないようにと我慢し、意識して通常モードをやっていると、不意の出来事に気づいていない悲しみを刺激されるのではないかなとイメージします。

 

普段は許せていたこと、これくらいなら我慢していたほうがお互いのためだから。

そう思っていたことに、無性に腹立ちを感じるとか。

射手座の太陽と木星は正義を語りますが、現実と想像をごっちゃにしないように。

 

またこれは、自分ではなく誰かのための涙かもしれません。

芸術作品は言葉に置き換えられない叫びや嘆きです。

 

とびっきりに明るくエネルギーにあふれた作品だとしても、創り手が自らの(世界の)闇に光を届けようとしているんじゃないかと思います。

なので誰かの創造に触れて涙をすることは、お弔いであり、祈りであり、祝福であるのではないか。

 

 

 

いま地球上に生きる多くの人が天王星とカイロンのオポジションを持っています。

ざっくり見たところ、1952年(山羊座カイロン)くらいから、1990年(蟹座カイロン)くらいまでは、天王星とオーブ3度くらいのオポジションを何度も組んでいます。

 

この期間に生まれた大半の人がゆるいアスペクトを持ち、2,3年のタイミングでタイトに組む感じかな(あいまい)。

長期的な世代に共通する配置です。

 

このオポジションと同じモダリティ(活動・不動・柔軟)のサインに天体がくると、どちらかとコンジャンクションになるか、T字スクエアになりやすいわけです。

 

このオポジションが象徴するテーマは個人ごとに違うでしょうが、それが大きなうねりを作るのかも。

 

カイロンが新しいサイクルに入る前に、見ないようにしてきたいろんなものが、意識の裏側から現実世界に顔を出すようになると思います。

無意識、潜在意識、そういうようなやつです。(あいまい)

 

 

 ひる見せる顔 と よる見せる顔  

 

大晦日の前、そのカイロンに火星が重なるわけです。

火星は元旦から、カイロンは来年2月から牡羊座で新規スタート。

 

ずっとこの先も、別離も、病も死も、地上から無くなることはないので泣くことは自然です。

個人ではなく世界の悲しみのためだとしたら、泣くことで世界を見る目が洗われていく感じです。

新しい目で、新しいサイクルに。

 

おまけ

【カイロンのサイン移動と滞在期間】

 

1960年3月26日→ 魚座入り 8年

1968年4月1日→ 牡羊座入り 8年

1976年5月28日→ 牡牛座入り 7年

1983年6月21日→ 双子座入り 5年

1988年6月21日→ 蟹座入り 3年

1991年7月22日→ 獅子座入り 2年

1993年9月2日→ 乙女座入り 2年

1995年9月9日→ 天秤座入り 1年3ヶ月

1996年12月22日→ 蠍座入り 2年

1999年1月7日→ 射手座入り 2年

2001年12月12日→ 山羊座入り 3年

2005年2月22日→ 水瓶座入り 5年

2010年4月20日→ 魚座入り 8年

2018年4月17日→ 牡羊座入り 8年

2026年6月20日→ 牡牛座入り 7年

スポンサーサイト

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 18:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM