2018 蠍座新月サイクル◆_仞韻般收韻離好エア

  • 2018.11.09 Friday
  • 12:21

みねんこです。前の記事(http://nonakaba.jugem.jp/?eid=682)のつづきです。

 

水瓶座にある火星の動きを見ると、天秤座金星R(逆行)の120度を解き、牡羊座天王星Rの60度に向かっています。

その頃には射手座木星とスクエア90度の圏内に。

 

16日、火星は月をリードしてコンジャンクションしながら魚座入り。

火星を追い越す魚座の月は、射手座入りした木星と最初にメジャーアスペクト(90度)となります。

16〜21日は、魚座と射手座に二つのスクエアが出来ます。海王星と水星R、火星と木星。(17日は月が海王星とコンジャンクション)

 

教え導く木星と個人のサバイバル火星のスクエア。どちらも外に向けて自分の思いを主張するシンボルです。

蠍座新月を調和へ導く海王星と、新月図のカギとなる水星のスクエア。嘘や偽装、欺瞞、真実を覆い隠す言葉。

 

個人としても集団としても、やり場(出す場)がないために、無気力に陥ったり無軌道に走ったり。このアスペクトは強い怒りや、声にならない願いを思わせます。

何気ない言葉。人に言われてヒヤッと感じること、自分が口にしながらムムッと思うこと。

心と言葉の不一致、心の声を欺く不誠実な言葉を通して、心に気づくのがこの配置の特長でしょう。それが太陽の蠍座の最終段階です。

その流れのあと11月23日に双子座の満月です。

 

過去と同じ失敗にならないように先回りしてリスクを取り除こうとすると、その小さな動きの波紋が周囲に伝わり、これまでのパターンを再現する。

先読みはネガティブなことのほうが、当たったと感じやすいものです。上手くいかないかもしれない、という先読みは見えない動きを作り出し、自分の予想が当たる(世界がその方向に動き、自分の内面と一致する)ことに得られる満足が目の前の報酬に。

これと引き換えにわたしたちは希望を少しずつ手放しているのではないでしょうか。

 

火星と木星の配置は、強い感情を引き起こし、その決断を後押しするかもしれません。倫理や道徳を語る一方で、現実に潜む悲しみに実際に手を差し伸べるアクションには勇気が要ります。

二度と繰り返したくないと過去に考えたことが記憶の底から蘇る、未来をどの方向に運ぶか、運試しかもしれません。

 

社会での成功や栄達、個人が一生をかけて追い求める成功や栄達、それを超えてある生命の意義(人が簡単に知ることの出来ない)をとおして、射手座の初期段階で見えない形でサポート的に海王星が働くなら、内側でしょう。

 

どんな逆境にあってもやがて進むべき方向へ導かれる。射手座は力試しのサイン。願いや祈りも、何でも使っていこう。

ここまで鍛えぬいた筋力(射手座・木星)に心臓(太陽・獅子座)が大きく血流を送り出す!

 

太陽と水星のタッグだけでなく、金星、火星も総合して。個人の感情である月は、社会の喜びや幸福を心待ちにしています。自分の中の個人天体すべてに広く聞いて答えを出す。

新月図のIC水星は月の思いを救い上げ、太陽に届ける役割を担っているようです。

いまは誰も正解は分からない中で動いている。木星の新しい1年、自分を信じて動いていこう。

 

 

 蟹座太陽、蠍座木星、魚座海王星のグランドトライン

  たなばたの頃 たんざくに書いた願いを思い出して

 

社会的意義も、この時代の人々の願いや欲望の集まりです。

経済効果と利潤の配分が世界を幸福に導くだろう、科学的な解明があらゆる問題に正しい答えを与えるだろう、その障害となるものを規制し排除していくべきだ、、、こういった時代の価値観は未来を担う子供たちの教育場面に反映されます。

 

長い時がたてばこの時代に必死で追い求めた意味も、特定の時代の熱狂やエゴであり、未来においては無価値で無益なことという評価に変わるものです。

未来の誰かに感謝される日があるかもしれない。

 

ひと月先の12月7日、射手座新月。火星と海王星が重なり新月とスクエアに組みます。

 

木星と火星のスクエアに浮かび上がる問題と、その本質的理解による自己治癒のような効果がこの配置に考えられます。

この短期間では本当の克服ではないでしょうが、グズグズしている傷の表面に薄い皮膜がかかることで、これまでのような体液の流出が止まるイメージ。

 

思考ではなく、報せを感じるのかもしれません。日常の風景の中に大事なものが潜んでいるような。

まずは、この時期の水星活動(逆行もあるよ!)を、「ほんとによくやった!」と誉める1年後の自分自身を想像してみよう。

 

(おわり)■11/10土曜15時は木星研究 みねんこの心理占星術デイ!@灯台屋 参加者募集中

ブログで一人語りするととっても長くなりますが、対面のワークショップではブログの堅い雰囲気と違って軽いと言われます。やはり実物はユルイようです。見に来てくださいねー。

スポンサーサイト

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 12:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM