今週末は 木星と「ロス」について話そうかな 

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 12:40

みねんこです。

 

今週末11月10日土曜日は15時から「木星研究」第2回、灯台屋さんでの心理占星術デイ!です。

前回は「my 1st 木星リターン」語りという感じでシェアし、

子供と思春期のはざまで小学6年生が思うことなどを通して「アセンダントのサイン」が自覚的に振り返ることだ出来た!

という手ごたえがありました。

 

まぁそれもいま大人になって50代40代30代の成熟した目で自分と当時の環境を探るから起きること。

占星家が一方的に言い当てることが出来る「一般例」ではないんですね。

環境との関わりが幼い自分の自我形成にどんな風に影響しているかを体感できる面白いワークでした。

 

これは20代前半やティーンでは上手く機能しないワークですね。実際に起こったことの延長で生きている直中にあるので、環境や関係と自分の深い感情の相関を客観的に見て語ることは難しいでしょう。

 

そういう意味でも、木星という天体が象徴するものの恩恵を深く実感するのは中年期以降なのではないかと思います。

あの時と時代も変っている、人々の言う当たり前も変っている。

土星的な時間の積み重ねの中において、自分がいま立つ場所から2段前のことを語るのと、5段以上前のことを語るのと違ってきます。

 

人間的な広がり「キャパシティ」「包容力」「度量」が木星と関係すると思いますが、それは小難しい本の中に書いてあるナントカノ法則やナントカノ原理、ナントカ理論を読んだらすぐに身につくものではない。

頭の回転が悪いから理解が出来ないというものでもない。

 

木星が成長や寛容さを示すとき、「実地体験」に結び付けて理解できるかどうかが関係すると思います。

「実地体験」は現場において水星機能が担っています。

水星は知る、考える、話すなど。

 

ナラティブとストーリーを考えて見ましょうか。

 

ナラティブは、物語、朗読による物語文学、叙述すること、話術、語り口などの意味があります。

 

叙述は著述とは違います。

著述は、書物や文章を書き表すことです。

誰か読み手たちがあると想定して、そこに向けて伝えようという「矢印」があります。

普段から思い巡らせていることを整理して形にしようという「矢印」もあるでしょう。

 

整えて記しストーリー・物語の形にする必要がないのがナラティブ・叙述です。

ナラティブは、自分による自分のための語り、誰かに渡すわけでも、どこかに残すためでもなく。

なので誰にでも出来ること。その人ごとの語りでいいわけです。

 

木星研究は、もともと興味のあった占星術とナラティブ・アプローチの橋渡しになりそうでワクワクしています。

 

 

 

さて今回11月10日は「ロス」と木星を考えてみようかなと。

 

なんでもない平穏の風景、変わった雲も光もない暢気な空、いつも歩く所の木の葉や川面にとびきりの美しさを見つけるのは、ああまたこの変哲ない日常に戻れった、ただいまわたし、という安堵感のあらわれでしょう。

 

とびきりの興奮高揚の後、同じ風景に対して抱くのは高揚を離れたさみしさ。それをロスと言い表すような気がします。

ロスも、「ただいま、いつものわたし」なんだけど。どうしてこのときは寂しさが増すのか。

 

現代は刺激が多くて、気持ちの動きではつねにロスが目立って感じる気がします。

ロスを埋めるようにして次の高揚を追い求めるというか。

 

ロスじゃない方に目を向けるにはどんな意識がいるのでしょうか。

何か見たくないものを見ないようにしていることと、どこかで関係しているのかもしれないと思っています。

 

射手座木星というのは、希望や夢と同時にたくさんのロスも生み出すと予感しています。

まあ、外に追い求めることと、内を疎かにすること、この裏表や陰陽の調和がテーマでしょうか。

だから高揚とロスは悪いわけじゃなくて、何か意味がある。

 

追い求めるものを自前の材料で、ここに自分のために作り出す。

これがアイコン・偶像のはじまりだったのかしら。

その人にとっての意味がナラティブワークで語られるとすると、これ心の中に住むアイコンになると思いませんか?

 

心のアイコンがあると情報あふれる環境において、過剰にロスを生み出して世の中を盛り立てようとする勢力から適度に自分を護れるような気もします。

これはエネルギーの浪費を改善するもの。木星研究の関心のひとつです。

 

2回目の木星リターンに触れながら進めましょう。参加者募集中!

 

 

心理占星術デイ!の概要はこちら http://nonakaba.jugem.jp/?eid=658

13時からの占星術のワークショップは【天秤座・牡羊座】対向サインがテーマです。

15時からの復習会とセットで出ると500円引きです。

 

(おわり)

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 12:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM