ニコラボ「火星サイクル手帳2019-2020」のご紹介

  • 2018.10.05 Friday
  • 12:10

みねんこです。火星手帳のつづきです。

 

太陽の周囲を地球が公転運動するサイクルを表したカレンダーは、つねに一定のリズムを打ち続けます。

ホロスコープのスタート地点、12サインのトップバッター牡羊座0度を太陽が通過する日は毎年「春分」となります。

そして蟹座0度が「夏至」、天秤座0度が「秋分」、山羊座0度が「冬至」という基準となる日を示しています。

「分」とつくのは一日のが昼と夜の時間に等分に分けられる日であること、「至」とつくのは昼または夜の時間の長さが到達点に行き着く日であることを表しています。

 

火星は地球と同様に、太陽の周り(独自のコース)を独自のスピード(公転周期)で進んでいます。

そのため、火星と地球の位置関係は、近づいたり離れたりを繰り返しています。

 

火星手帳では、この変化を取り込んでいます。

地上から観測される火星が12サイン(ホロスコープの360度)を一周する期間を1つのサイクルとしています。

スタート地点(牡羊座0度)を火星が通過する日が火星手帳の始まりの日、終わりの日はゴール地点(魚座30度)に達するときです。

その翌日からまた次の新しい火星サイクルがスタートします。

 

地球から観測される火星サイクルは標準で1年11ヶ月間です。

これを1サイン(30度)ずつに区分けして考えると、火星のサイン期間はおおよそ45日となります。

太陽の一巡りが作る1年(365日)よりも、月リズムが作る1ヶ月(29日)よりも、どちらも長い期間です。

 

このことが占星術的に火星のイメージを活用するアイデアを膨らませました。

太陽カレンダーの1年間では到達しない今はちょっと難しい課題や目標に取り組むとき、火星の2年周期を取り込めばきっとよい変化があるはず!

まさに「チャレンジ」「新しさの獲得」「変化」のイメージがふさわしい。

 

課題への取り組みが厳しい状況になった場面で、あと一押し、あと一踏ん張り、あと一工夫することで、太陽の1年間より先までテーマに根気よく情熱を注ぎ込む。

それが火星の直観力や瞬発力を発揮するタイミングといえるでしょう。

 

 

また12サインのトップ牡羊座を支配する火星は、自分から純粋な気持ちで取り組むエネルギーを表します。

占星術では発生や誕生、スタートを象徴し、いつもここから新たな物語が生まれます。結果や成果、評価はまだ未知数でいいのです。

 

占星術的には地球より広い軌道を運行する火星は、その先を運行する木星・土星といった社会的意識を担当する天体へ移行のための、新たな橋を作ろうとする天体でもあります。

自分の中で生まれたアイデア、培ってきた技能、集積したノウハウや情報、これら個人の持つ価値や可能性を、広い世間に向けて打ち出す場面。

そこまでの道筋において、わたしたちが自ら奮い立たせる勇気のシンボルです。

 

 

 

自分を前に押し出すことは火星の得意とする自己表現方法であり、まずはこのファーストステップがあって後に続くサインでのさまざまな物語が重ねられるのです。

ファーストステップ以降の12サインの円環では、技能的な成長、人格的な成長、社会的な成長が重ねられます。

 

占星術を学んでいても火星は対立や衝突、攻撃や暴力など男性的なイメージで力を振るうことと結び付けられやすい状況があります。

しかし火星の象徴するものはそういった激しいイメージだけに留まらないのです。

火星のマークには矢印がついていますが、この矢印が示すのは、相手を突き刺し、倒し、破壊しながら前進することではありません。男性に限らず女性も火星的な要素(矢印、積極性、攻撃性)を持っています。

 

自分の意思を場に押し出すことと、相手を傷つけること、否定することはイコールではありません。

相手の考えに従うことは、自分の意見を否定し、捨て去ることとイコールではありません。

 

火星サイクルを通して私たちが手にする成果は、このような「力」に対する適正な感覚や意識です。

どうやったらむやみやたらに人を傷つけることなく(その心配なく)、自分を表現して(なりたい自分に近づいて)いくことが出来るのか。

火星の感覚をまったく使わずに、本当に自分は心からの平和な状態になれるのか。

 

火星手帳による冒険物語は、目に見える具体的な現実(外側の出来事)だけではなく、自分の内側にも探査が進んでいきます。

 

地上から観測した火星サイクルをデザインした新しいカレンダー。

まだ発見されていない未知領域を切り開いていく火星イメージは、日常のさまざまなシーンで体験されています。

自分で気がついていないだけかもしれません。

 

(つづく)http://nonakaba.jugem.jp/?eid=669

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 12:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM