射手座の満月 明けた朝メモ 水星と夢

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 12:35

みねんこです。昨日の記事で夢について書きました。http://nonakaba.jugem.jp/?eid=620

 

じっさい昨夜見た夢は全く内容は忘れたけど、目覚めた時間だけ覚えてる。

チャート立てて見たら、MCに土星が合、ICに金星が合。満月は8室に、太陽は2室に。

 

わたしは4月後半から、長野ドリームアストロロジーのリトリートのプレワークとして夢に意識を向けていました。入眠から3時間のところで夢を見ていちど眼がさめることが多いです。だいたい夜中の1時半から2時半ころ。

 

昨夜の目覚めの時間は1:55でした。この時間だけメモしています。

夢で見たシーンをメモに取るのは難しく、キーワードに言語化しようとすると、風景も感覚もスルっと消えていくのでメモすることは止めました。占星術チャートの特徴だけをしばらく観察しようと思ったのです。

 

ゴールデンウイークに早寝を心掛けたせいもあり、以前は3時半とか4時ころに目覚めていたのが少し前倒しになっています。

 

1時半くらいでホロスコープを立てると意識である太陽は3室にある感じ。場所や季節によって3室太陽となる時間帯の変化はあると思います。

占星術で3室は言葉、思考とヒモづけられます。どちらかというと理性的な活動、合理的で適正な判断を求められ、コミュニケーションの場面です。

この3室で右脳が自作自演のビジョンを見ているのが夢。しっかりと眠っているので左脳はお休み中。

 

チャートの3室に太陽がある人は、夜中の夢見どきに生まれた人たちです。その地域の人々の大半が深い眠りの中で、左脳たちの思考は休憩中のときに出生した。

毎日、真夜中にわたしたち個人の思考は小さな死を体験している。でも朝になるとまたちゃんと復活します。わたしが、朝起きて他の誰かに変わることはない。

 

ホロスコープの北半球(地平線の下半分)を定位置とする風サインは双子座だけです。個人サインであり、夜の領域と関係する。

 

水星のコミュニケーションというとみんなと日中の意識で会話している様子を思い浮かべます。

コミュニケーション場面のやり取りのスムーズさ、理解の遅い早い、言葉の得意不得意、説明の上手い下手などは、相手存在があって発生してきます。

 

しかしそこで何を感じ、汲み取り、考え、どう発信するかは個人領域の営みです。

であるので、双子座の水星活動は、まずは「わたしの」ことば、関心、イメージ、思考なのです。そのコミュニケーションによって伝達される「わたしについての情報」です。

 

金星や火星は天秤座や蠍座と関連して対人場面を司ります。

水星は個人天体です。支配するサイン双子座も乙女座も前半の個人サイン。

 

太陽・獅子座・5室、月・蟹座・4室とならんで個人の領域を本拠地としている水星の重要なテーマは、言葉のやり取り以前の想像力や可能性を表しています。太陽や月を外に向けて発信し、形にするための下ごしらえ。

 

自分の知らない自分がいます。

夢の中でやらかしたことを、朝になって起きたときに憶えていない。せっかく見た夢を思い出せないのは残念な気もしますが、忘れていることが「最良」もしくは「お得」なのかもしれません。

 

 もやのなかに 半分すっぽり

 

思い出したらきっと、怒りや悩みが増えたり、分析や考察で脳が忙しくなります。実際に起きたこと以上に深く落ち込んだり、反省したりするかもしれません。

そうすると日中の活動に支障がでる。コミュニケーションや対人関係に影響がでる。太陽がぶれ、月が揺れる。

 

水星は夜は夢を見て、昼時間は「わたしについての情報」を出し入れする。

夢についてあまりにも深く考えすぎると「わたしについての情報」が攪乱されるのではないでしょうか。外部情報が氾濫するあまりに思考が溺れそうになるのと似ています。

 

夢のメッセージが現実場面で活かされるときもあると思います。自覚的な選択ではなく、ふとした風景や動作や体感に現れるのではないでしょうか。習慣づけられた思考のクセのついた手で夢をぺたぺたと触ると、夢の夢らしい効果は薄れそうな気がします。

 

水星が夜のあいだに見たもの(自分の生み出したイメージ)を、昼時間のどこかに偶然に発見したとき、ちゃんと分かる仕組みになっている。

夜と昼、どちらの水星が兄でどちらが弟なのかは分かりませんが、わたしたちはみな双子の水星を持っているとイメージするのも面白いですね。

 

夢見の天体は海王星だけじゃない。ブライアン先生の5/25〜27の長野リトリート、28の水星セミナーの内容は、起きながら見る夢のようでした。

水星を使って参加したみんなと一緒に大きな夢を見たり語りあったりするの、とても楽しかったです。

その印象をこの記事でお届けできたら。それが射手座満月の朝に思ったこと。イメージが消えないうちに書きました。

 

(おわり)

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 12:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM