1月の心理占星術デイ!感想  海王星のビジョン 天王星の突破口

  • 2018.01.29 Monday
  • 12:41

みねんこの心理占星術デイ!だん。13時の海王星、15時の天王星、それぞれ3人、5人でトークしました。

 

海王星は、真理や完全な世界への憧れ。

天王星は、コペルニクス的転回、天動説から地動説。

今回のレジュメは、トラサタ天体発見の前はどんな世界だったのだろうと考えながら作成しました。

そしてワークショップでは2天体だけではなく、構造として深くかかわる水瓶座・魚座・11室・12室の意味の切り分けにも挑みましたね。参加者の身近な話しをヒントにしながらの進行です。山羊座・10室ではまだお目見えしない人類全体の遠い目線などを話しました。

 

心理占星術ではこの2天体をソーシャルサービスの領域と関連付けることが多くあります。

個人的に感じるのは、世の中のソーシャルサ―ビスや個人的交流の必要性を感じる手前では、土星木星が作り守る世界との距離感を意識する場面が必要なことが多い事実。

 

いいかえると、家族や身内や日常環境のコミュニティの手助けでは問題解決や困苦の打破が難しい状況です。家族や小グループが共有する懸念や問題だとしても、そこで個人個人が個別に深い思いを抱えています。

距離が近いゆえ、これまでの詳細を知るゆえ、これからも共生すると考えるゆえ、言語化しないほうがよいと感じて無意識の奥に放り込む手つかずのなにか。

 

むしろ遠い他人に対しての方が、このような状況がなぜかできてしまって、自分がどう感じているかを率直に表現できたりします。

そういうときにソーシャルシステムやネットワークがお役立ちになる。

あるいは人対人として、自分の話す事実を聞いてくれるような環境。親子や、血縁、利害、主従、競争、組織など様々な関係の中で付ける「仮面」を外して裸の自分を取り戻すことで、状況の整理ができる場合もあります。

 

大人になってからであれば、環境を変えるとか選ぶとかがソーシャル活動の始まりなのだろうと思います。あるきっかけが、普段と違う空気や環境を欲するとき。

その自由度が小さな若い時代には個別の難しい事案として感じられるかもしれないですね。

どうして自分だけこんなんなんだろう、、、、あるいは、きっとみんなもこれくらいのことに対処しているんだろうか、、、、

 

 海王星WS ぷらむさん、もずくさん 90分

 

公転周期の長い天体の影響は1人の力では形を作れないと思います。

初期の体験が時間を超えて20年30年後に人生の目的として立ち現れる、土星木星の変化を待ってタイミングが訪れる。

その間に夢や理想としてこれらの天体の意味を抱え続けるのは簡単なことではない。渇望となり、ときに絶望のように立ち塞がり。

容易に誰かに肩代わりしてもらえない。たとえ親子でも、親密なパートナーでも。

 

ワークショップの活発な対話から、11室・12室・水瓶座・魚座は太陽の獅子座的な燃焼に取り組んでいけば自然と道が拓けるイメージをもらいました。何座のどんなチャートの人でも。
自然と道が拓けると言ってもスイスイスムーズではないでしょう。

起こることが起こり、それを通し自分を知ることの果てなのだろうか。などなど。

 

社会天体、土星木星との違いは時間の感覚ではないでしょうか。

この2天体は現代の動機と実践を作り出します。つねに今解消できる問題に積極的に取り組み世の中を整える。

 

トラサタの天王星は84年、海王星は164年の公転周期で、ひとつのサインを7年、13年かけて書き換えて行きます。

世代天体と呼ばれるのだから、思春期や青年期、壮年期の数年間にわたって個人意識を染め込むテーマです。

個人で考えるなら、体験の渦中で見ていたもの、考えたこと、望んでいたことと、数年を経て眺めやって理解が変わるものなのじゃないかと思います。

 

何年も経って、あの状況においてはたいした効果的な選択肢はほかにも現存しなかった。

社会や世代としてそういう問題を作りだしたり、感じたりしていた。

もしもそういう理解があったとき、似たような思いの人、まったく異なる状況の人、これから迎える人、要するに他の人たちに何を伝えたくなるか。

 

 天王星の復習会 つきもも恵子さん、かおりさん、もずくさん 120分

 

天王星も海王星も人助けや奉仕、無私、利他と関係します。

人はそのゾーンにいつか届くことを示している天体だと思います。

その現れ方は時代ごとに書き換えられ、前の時代に解消できた方法が今回は効かなくなるという「不幸」を感じさせるかもしれません。

 

ワークショップでは、ネイタルやトランジットで個人天体にコンタクトする体感をシェアしました。

市販教本にあるようなキーワードの数え上げからフリートークを始めましたが、最後にはとても個別な事を話せる範囲で公開しながら、社会全体や世界のことについて思いを飛ばしている感覚もありました。

 

毎回やり終わると講座じゃなくてワークショップでよいな、それがわたしの楽しみだからと思います。ご参加ありがとうございます。

次回は2月11日です。13時は地のサイン、15時は天王星を別の切り口で。またワイワイやりましょう。

http://nonakaba.jugem.jp/?eid=567

天王星は5月に7年ぶりのサイン移動(牡羊座→牡牛座)を控えていますからね。何度もやってみましょう。

 

2月18日の心理占星術セッションでも、時期読みの重要ポイントとして天王星をお伝えしていきますよ。(もちろん山羊土星、蠍木星も、火星サイクルもね!)

http://nonakaba.jugem.jp/?eid=568

maruさんのスパイシーなカレーといっしょにスペーシーな宇宙予報も吟味ください。50分メニューはご予約のみとなります。25分メニューでも出生時間をお持ちであれば詳細な時期読みができますよ。

 

 

(おわり)

スポンサーサイト

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 12:41
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM