背骨から 獅子座パフォーマンスを上げる作戦

  • 2017.07.24 Monday
  • 12:32

みねんこです。いろいろ催しをしたけどその感想を書かないまま忙しく時間が流れておりました。

WS感想は今週ぼちぼち書きたいと思っています。まずは、ご参加いただいた皆様に御礼を!

 

昨日は背骨のワークショップに参加。前日、リロケーションの反省会でなぜか思いつきで参加を決める展開に。いつも言葉をこねくり回すワークショップばかりやっているので、bodyのワークショップはバランスよかったみたいです。感想をば。

 

★おっちゃんと青山結ちゃんプレゼンツ Bodyのワークショップ 背骨

http://ameblo.jp/occhan-77/entry-12285940408.html

 

これだけ見ても、なんのことやらですよね。わたしたちの背骨について感じてみよう!という体験型の時間。かんたんな座学レクチャーもあり。

・ヒトの背骨ってどんな役割なの? どんな使命なの? 成り立ちは? 

・ヒトに独特のS字カーブのこと。生物の進化(水中→陸上四足歩行→二足歩行)と重力のハーモニーでカーブ誕生。

 

・胎児からスタートしてS字カーブを持つわたしができるまでのイメージ。

・背骨はどこから始まりどこまで続く?ペアリングで相手の背中をさわりながら(さわられながら)おーい!背骨くんと探す。

・頸椎はどのあたりまで?胸椎は?腰痛になる骨って??仙骨と座骨、しっぽの名残り。

 

一番最初にヒプノワーカーのおっちゃんの誘導でリラックス状態でそれぞれが背骨と対話する瞑想タイム。

わたしの背骨は金色の細いワイヤーのような感じに見えました。あまり対話にはならなかったけど、ワイヤーはプルプルした透明の信玄モチの数珠つなぎに姿を変え、波打ったり、ぷるんと振動を伝えたりの動きを見せてくれました。

背骨が何をしたいか、どうなりたいか、そんなメッセージを聞いてみてという瞑想の誘導がありました。

またワイヤーが出てきて、びよんびよんと跳ねていました。

ガシッと直立して自重と重力に耐える背骨というよりも、もっとしなやかに、自由に遊びたい。跳んだりくねったり、伸び縮みしたい。そんなイメージです。

ほかの方は、竜や蛇が背筋を通っって出てきてその子らと会話したようです。タロットカードのワンドのエースが見えた人もいました。いろいろ自由です。火星太陽が獅子座入りして、イメージするものも二三週前とは違ってくるのかもしれませんね。

 

bodyのワークは簡単なヨガポーズ、四つん這いで背骨の伸び縮みをゆっくりやりました。屈伸(前屈・後屈)、側屈(背骨を左右にしならせ三日月のように)、回旋(背骨をタテにねじり後方を振り返る)、この四つです。

ゆっくりやると背骨はきますねー。

ほかに板面に腰掛けて、座面を座骨に感じ、床面を足裏で押して、という基本姿勢の確認をしました。そして腰骨の上に背骨を一個ずつ乗っけて立てていく。ガチ真っすぐではなくて自然なS字カーブで。

 

 

 座卓に腰掛けて座骨ワーク   こちら 土下座ワークではないよ

 最後の誘導瞑想 わたしはねました

 

毎日の所作の積み重ね。動作や作業、家具形状や装置のほうに自分の姿勢を寄せていって、できるだけコンパクトでスムーズな動作でものごとを済まそうとします。

効率的に動きたいし、無駄に疲れたくないから、重心をアッチにして体を預けて、紙をここに広げてキーボードまで手をのばして、首は固定で目だけを上げ下げして。

ほぼ半日デスクでキーボード作業の日々。その洗練度合いたるや、、、、腰骨・背骨・肩首まわり・目の動き・腕の動作などなど、じぶん最悪だなぁと改めて感じました。こりゃわたしの背骨、もっと自由に動きたい!と言うわけだわね。

 

まったく仕事をしないわけにもいかないので、姿勢の分析と改良をしようと思いました。せめて身体とキーボードの遠すぎる配置を変えよう。

変に手を伸ばすのをやめたら、背骨が前倒しになって、座骨が後ろ転びになるポジションから解放されるはずだ。

日々の姿勢の改善は6室のセルフメンテナンス活動ですね。

それでも作業中に硬い姿勢が続くので、スキマ時間を作って背骨くんに伸び縮みをさせてあげる自由時間を。会社で四つん這い遊びは無理っぽいのが残念です。じゃぁ寝る前にやろう。それを小さな日課にするのも6室の活動だ。

 

乙女座が関係する6室領域は、勤労の喜び。

効果的な仕事を追求する喜び、そのなかで駆使した身体を労わるのも大切な時間。集中と開放の繰り返しが律動です。

このリズムを少しずつ整えるとき、具合の悪いところ(悪くなりそうなところ)があるよと意識するのが体調管理。

この身体の声を押し殺したり、聞かなかったりすると、思わぬときに思わぬ形でパフォーマンスが叶わなくなる。

 

 これくらいしなやかに。。。

 

環境からいつ舞い込むか分からないチャンスをものにするには、、、いい球が来たら思い切りバットを振り抜きたいですよね。当たるって一心に信じれば、パフォーマンスもアップ。

獅子座に太陽と火星が輝いています。わたしのチャートではトランジット獅子座は2室にあたります。

2室で自分らしい動作の楽しさ心地よさをちょっとでも感じられたら。背骨との対話を日課にしようと思いました。

背骨の緊張を解く取り組みを1カ月ほど続けて、情熱的な動きを打ち出せるよう整えたいな。

 

気持ちが付いて行かなくなったという理由でヨガ通いをやめて2年近くになります。このところ冷房での冷えからくる不具合もひどく自律神経も乱れ気味で。これをヨガでメンテするには、また強制的に通わないと無理かなと気持ちが重たかったのですが。

bodyワークショップをきっかけにした背中だけちょこっとヨガの再開は、射手座土星が6室に来たことと読み合わせられますね。

 

おっちゃん、結ちゃん、ありがとうございました。

(写真はすべておっちゃんツイッターからお借りしました)

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 12:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM