春分の日に

  • 2016.03.20 Sunday
  • 09:59
みねんこです。
フェイスブックに3年前の春分の日の投稿の通知がありました。

“春分、お彼岸、お墓参り。
浅草〜田原町〜かっぱ橋道具街、あたりの中通りにはお寺がいっぱい。
墓地の塀の向こうからお線香ふわり。早い桜も咲きだして、いい日です。”
2013.3.20

このときはまだ、サビアンシンボルのトークライブに行き始める前で、関口シュン先生の心理占星術講座を受ける前です。つまり、いまわたしがツイッターやフェイスブックで繋がりを持っている占星術方面のかたたちのほとんどと知り合う前ですね。
この春分点でパチッとスイたわけではありませんが、思いつきで4月初めのトークライブにお邪魔したのが運の尽きでした。そこに自分なりの楽しさがあり、10ヶ月後の星茶アイデアに繋がります。
このお彼岸投稿は、のちのことをまだ知らず、みねんこです、と世に名乗る前の懐かしい投稿ですわ。

この年の春分図(20:02くらい)を見てみると、
アセンダントが天秤座の終わり、わたしの太陽に重なる。
太陽は6室カスプ3度手前で、アセンルーラーの金星魚座28度と合。火星と天王星が牡羊座6室に。
土星は蠍座の前半で逆行し1室にある。そしてわたしの金星に合に。
月は蟹座8度で9室にある。蠍座土星1室、魚座カイロン水星5室とグランドトラインに。冥王星とオポジション。
風エレメントは双子座木星8室だけ。

自分の出生図へのトランジットで考えると、天秤座と蠍座に個人天体が集中していて、
水瓶座の火星も蠍座の月とスクエアであるので、個人天体すべてがトランジット蠍座土星の影響を強く受けている1,2年です。ここに「運の尽き」があったのですねえ。

運の尽き :命運が尽きて最後の時となったこと。運の蹲(つくば)い。(コトバンクから)

これが人生最後の時というわけではありませんが、例文にこういうのが上がってます。
 「ここで見つかったのが運の尽き」
 「欲に目がくらんだのが運の尽き」
 「このロープが切れたら運の尽きだ」
人生の最後というより、何かの到来を察知したような観念したような雰囲気ですね。土星の象意である、終焉、一区切り、ともリンクしそうです。命がまだ続くのなら、一区切りのここがリスタートになります。リセットではない。そこまでの軌跡が消えて無くなるわけではない、無かったことになるわけではない。
土星の働きは、軌跡のある地点で線引きして仕切り直して、新たに始めるというイメージだと思います。出来事としてはTheエンドのようでも意識上は仕切り直しのリスタート。

わたしの場合、なにが仕切り直しになったか。蠍5室に潜んで一人で楽しむ占星術学習から、コワゴワながら外に出てみる。そこで「みねんこ」と自己紹介してみる。占星術に興味を持つ前から使っていたツイッターアカウントでしたが、その文字列を音に出してみたことはありませんでした。自分で名乗ったら、自然と周りがそう呼んでいく。

出生図の11室に双子座の土星があります。SNS上での仮の名乗りが、放課後のわたしになり、もうひとつのわたし、ちょっと自由なわたし、手探りのわたし、場所を求めるわたし、語り出すわたし、、、そういうふうに土星の方向に踏み出した感じですね。土星といってもこれはまったく職業や収入と関係なく、プライベートの遊びです。トランジットの土星に刺激されて、5室の遊びをやる、見返りがなくても上手くいく確証がなくても楽しそうなやってみる、本気で遊ぶという感じだったかもしれません。お金を使って遊んで学んだわけなので、遊ぶためには働かないとな、という意識を確認したころかもしれません。



 二週前の星茶でMさんにいただいた枝もの
  花が咲きました ヒメミズキらしい

3年前のチャートを見て気づいたのが、蠍座の中ほどにあるノード。これが天秤座、乙女座と移動してきています。ノードが個人天体群をトランジットしていたことと、この3年間にいろいろご縁を広げようという気持ちになったのは関係していそうです。ま、天体の移動を持ち出さなくても、楽しいからもうちょっとひろげてみようというテーマができて、気持ちが外向きになれば、人と知り合って、その人に連なる人たちと遭遇するチャンスも増えるので自然なことかもしれませんね。

さて、今日もリンクを張ります。心理占星術を一緒に学習する仲間たちとの実験室企画、二コラボのサイトです。春分の日リリース、きっと太陽が牡羊座にイングレスする瞬間にオープンなのかな?
http://nicopla.net/
こちらも心理占星術をそれぞれに楽しむ方法を探求するあそびです。
今年の春分図は射手座の火星と土星が5室に、ばっちりですね!ここからまた楽しい縁がユルユルと広がりますよう、どうぞよろしくお願いします。
(おわり)

JUGEM
テーマ:星占い・星読み・占星術

スポンサーサイト

  • 2020.02.13 Thursday
  • 09:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM