占星術のノート

  • 2016.01.07 Thursday
  • 12:03
みねんこです。
いまでもコンプレックスに思うことがあります。西洋占星術、心理占星術を何年か学習していて、それ自体はとても楽しいです。しかし、意識に引っかかるのは経験値という問題です。

わたしの場合、周囲の知人に出生年月日を聞いてホロスコープを見させてもらうということはあまりやりませんでした。心理占星術をはじめて1年ころに、そういった欲求が湧いたときもありました。数人に趣味を打ち明けてサンプルになってもらいレポート作成して渡しましたが、あまりつづきませんでした。
やればやるほど不安になったのがその理由だと思います。相手はさほど占星術に興味がないので、彼らの反応をどう受け止めたらいいのか。だいたい、わーすごいね、こういうこともわかるんだね、ふしぎだね、あたっている気もするなー、どうもありがとう、という返事です。フィードバックという意味ではさほどありがたみがないなと感じてきたのでやめました。

人に出生年月日を聞くようになるより前、趣味を周囲に開示していない頃には、毎日その日生まれの有名人の個人天体とアスペクトを読みノートに書きました。ついでに対向サインの有名人も合わせて読みました。サインがセットでイメージできるのと、半年で12サインが終わるのでいいと思いました。毎日同じサインを扱うので多少飽きてきます。なので月のサインと、個人天体のアスペクトで変化をイメージするのがポイントでした。

また、読むといっても、市販の基礎本(松村潔)にある天体×サインの記述を個人天体すべてについてノートの1ページに書きだす作業です。もう1ページに太陽と月に関係するメジャーアスペクトの種類とその説明を書き出しました。これは時間短縮のためにひとつのアスペクトに対し箇条書き3つ程度にとどめました。
ページの残りに、ここまでの書き出しを短文にしたら太陽はどうか、月はどうか、全体でどんなふうかをメモしました。占い文というよりも感想的な推測や、疑問などになりました。スムーズにイメージできる点とそうでない点がなんとなくわかりました。


 今朝6時前の東の空
  細い月と金星 見えないけど土星も合
   喜びも苦しみもーー

毎日まいにち、「双子座の太陽は、、、」「射手座の太陽は、、、」の4、5行を書き写すので機会的な刷り込みができました。とはいえ、それがどんな文だったかいまは思い出せませんが。あまり知らない有名人にあたると、サインとリンクするような記述を探すイメージでwikiを斜め読みして、感想を無理やり作りました。
だいたい1時間の作業、約3ヶ月、100人でキリがよく、活動・不動・柔軟をカバーしたところで終了しました。この頃の努力が詰まったノートは今でも宝物です、、、とは感じません。もう見ることもないですね。

(つづく)

スポンサーサイト

  • 2020.02.13 Thursday
  • 12:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM