2ハウス資質と6ハウス労働環境の見直し

  • 2020.04.12 Sunday
  • 22:30

みねんこです。

去年12月に「トラクターの世界史」藤原辰史さん、を読みました。

19世紀に据え置き型のトラクターが開発されたのが機械化の最初だそうです。

蒸気機関を利用して、二つの装置の間に渡したワイヤーを巻きとり、鋤の刃を移動させて地面を耕します。

その後、エンジンを搭載した運転型のトラクターが開発され、鉄の馬と呼ばれたそうです。

 

トラクターの前は牛馬が隙を引いて地面を耕し、農夫が誘導して調子を見ながら一緒に歩いていました。

鉄の馬は、牛馬と違って疲れません。燃料さえ入れれば作業時間を増やすことができます。

また、餌の用意や寝床の清掃、身体の手入れをしなくて済みます。

餌の牧草がいらないので、それ用の土地も農作物を育てる畑に変えることができます。

 

動物は調子の出る日、そうじゃない日、病気やケガもあります。

あまり疲れ切らせないように様子を見ながら毎日の作業をします。

鉄の馬は、もっとスピードが出せるし、朝から夕方まで同じ調子で進みます。

続きを読む >>

11ハウスのサステイナブル 貢献と失敗と

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 18:45

みねんこです。

わたしの考えが及ぶ「長期」はいったいどれくらいなんだろう。

想像や期待に任せるのではなく、考えうる可能性として。

 

8ハウスは価値の共有や引継ぎ、遺産、人の持つ価値、人の価値観。

成金者が一時に稼いで手にした大金を価値ある資産に換えておくらしい。

立派なつくりで伝統的に人気のある立地にある高級不動産とか、住んで楽しみ、状況によっては高額で売って必要な金に換えればいい。

相場に左右されないと考える伝統的な価値が人気だろうと考える。

 

続きを読む >>

アンギュラーハウス読み解きのコツ

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 12:40

みねんこです。

ホロスコープのアンギュラーハウス(1-4-7-10)は、現実との接点となるアングル軸(アセンダントーディセンダント、MC−IC)に向かっていくので存在感を示します。

他のハウスよりも惑星の存在感も強まる場所です。

 

とくに力強いのは1ハウスのはじまりアセンダント、東の地平線から光が現われる上昇点。

「わたし」という意識が生まれるエリアであり、ホロスコープの始まりを作る強いハウスの入口です。

 

チャート読みのコツとしてアンギュラーハウスでは「わたし」という主語をつけながら言語化するのがいいでしょう。

 

 

続きを読む >>

3ハウス 兄弟姉妹 身近な知り合い 人生ドラマの隠し味

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 19:57

みねんこです。

3ハウスは兄弟姉妹や近隣の人たちを表します。

ダイクス氏の「現代占星術家のための伝統占星術入門」のなかにチラッと3ハウスについての記述があり、アセンダントとはトラインの調和角度にあるけれども、よい意味ばかりじゃないハウスだと。

何でかなって思っていたのですが、ちょっと考え付くところがありました。

 

伝統占星術では各ハウスに受け持ちの惑星が定められています。

まず1ハウスをもっとも外側の天空を支配する土星が受け持つとし、そこからカルディアンオーダーに従って(遠い土星から順に月まで)7惑星が当てはめられています。

1ハウス土星、2ハウス木星、3ハウス火星、4ハウス太陽、5ハウス金星、6ハウス水星、7ハウス月、8ハウス土星、9ハウス、木星、10ハウス火星、11ハウス太陽、12ハウス金星、となります。

 

これでいくと3ハウスは火星が受け持つハウスです。

続きを読む >>

窓や扉 世界が広がって自分が豊かさにつながる 隠れた12ハウス具体化の例

  • 2019.07.08 Monday
  • 18:45

みねんこです。

いま、買ったばかりの伝統占星術の本を読んでいます。

先日のみねんこデイ!に参加された方に、こんな著者がいますがご存知ですか?と教えてもらった流れです。

今までどうして知らなかったのかなと考えると、伝統占星術という切り口で情報を求めたことがなかったから。

 

まったく興味がないわけではなかった。

では、どうして求めなかったか。

好きだから、嫌いだからという区分とは別に、

「分からないかもしれない」不安から手が伸びない本があることに気づきました。

 

 

続きを読む >>

8ハウス 秘密の思い 9ハウス 断ち切る方法

  • 2019.06.28 Friday
  • 18:06

みねんこです。今読む本から

“蛮族法の内容はきわめて多様だが、とくに紛争解決の方法の提案に照準を合わせている。

それはとりわけ原告側と被告側の家族間での復讐(フェーデ)の連鎖を回避するための訴訟手続きを確立している。”

 

 「復讐の連鎖」というのは、復讐に対するそのまた復讐が無限に繰り返されることを指しています。

ひとつの出来事から延々と復讐が連鎖し、代々人々の意識の中に植えつけられる様子を思い浮かべると8ハウスぽいですね。

何十年も何百年も時を隔てて、当時の現場で起こった事は正確に知りようがなくなるほどに、本当はどうだったんだろう?という疑問も増してくる。

 

真実は何なのだろう?  隠されている事は何なのか?

どうして隠されているのか?  それによって得をしているのは誰か?

続きを読む >>

ソーラーハウス6室が魚座/ 天秤座の太陽を輝かすための浄化時間

  • 2018.02.16 Friday
  • 12:40

みねんこです。天秤座に太陽がある場合、ソーラーサインハウスで考えると6番目の魚座が6室になります。

 

6室は健康管理、労働条件、能力訓練などの意味があり、環境を通して自分自身の調律をする場所です。

コンディションを整えておくと、新しいことにチャレンジする余力も生まれます。無理をしすぎたときは、回復のための処置をしたり(受けたり)、自分に適したスタイルを考えたりする機会になります。

 

わたしの場合、若い時期には体力と気力でカバーできたいたんだな、ということが年を重ねて、勢いが衰えてからやっと分かりました。

頭ではそういう現象があると分かっていても、実際に不調や衰えを体験すると、いやいや分かっていたつもりだったけど、こういうことだったのか、、、と気落ちします。陰りが出たときに、健やかだった日常を有り難いことだったのだと知る。

 

続きを読む >>

2018星遊びしよう トランジット土星が6室の星回り

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 10:44

みねんこです。今日1月3日は札幌市内で星茶することになりました。

年末に呼び掛けたところ、心理占星術デイ!でカフェロッソに来たことのある人たちが反応してくれて、わたし含めて4人でカフェで待ち合わせとなりました。

土地勘が無いのでお店選定をお願いしたら参加者の誰もまだ行ったことがないところになりワクワクです。

 

そして明日1月4日は

続きを読む >>

ゴリラ研究と象徴。 MC-IC軸のこと。

  • 2017.12.04 Monday
  • 12:08

みねんこです。いま読むのはゴリラの本。人類学、霊長類研究の山極寿一先生、「「サル化」する人間社会」です。

 

 うほっ うほ

 

霊長類学は日本で創設された領域だそうです。

人間以外の霊長類(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボなど)を対象として人間の進化を考えようとする学問であり、人間の本性は何に由来するのかを霊長類の研究を通して明らかにしようという目的があります。

 

続きを読む >>

また今年もハロウィンが来る 子ども4室とオトナ11室 

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 12:20

みねんこです。

2015年のこの時期、灯台屋さんでの初めての占星術ワークショップ「若草物語」をやりました。

天秤座のフェミニンなリーダーシップを象徴する物語をデビューテーマに選んだのは、占星術ベースの自己表現として、自分自身の天秤座太陽が扱いやすかったのかもな。

若草物語1


原題は「リトル・ウィメン」。戦争のために家を離れた父親に続いて物語後半ではそのサポートで心の拠り所である母親も不在がちに。

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM