すべての活動に自分らしい意味づけを「新しく」 火星WS@札幌12/1

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 11:50

みねんこです。

#火曜日は火星の日 #火曜火星の赤 二つのハッシュタグは今週もやってます!

ツイッターでタグ検索すると毎週の軌跡が見られます。

去年の初夏、火星が蟹座運行のころから始めたハッシュタグ活動です。

活動サインの火星はエネルギーがグッと動くとき。

 

蟹座は12サイクルで2番目の活動サインです。

牡羊座のスタート時(2017/1/28)にはまだアイデアもなかったわけですが、ツイッター上で赤い写真を火曜に上げるうちにお仲間の一人がいろんなタグを上手く使っていたんですね。

それを見て、ああ同じタグを付けてもらえば、火曜の活動を共有できるし、あとで振り返ることが出来るかも。

そういうふうに心がグッと動いて、蟹座火星は、ツイッターのフォロワーにこのタグを付けてね!とDMで呼びかけました。

 

反応してくれた人ありがとう。タイムラインのタグを見て自然と合流してくれた人ありがとう。

毎週コラージュするようになったのは2017年10月からです。

 

 2017年10月24日の赤タグ☆コレクション 第1回

 

 

続きを読む >>

2017 火星 獅子座期のわたくし

  • 2018.11.19 Monday
  • 19:30

みねんこです。

 

11/17土曜日、魚座ワークショップ総集編にご参加いただきありがとうございました。

WS後半のシェアタイムに自分の振り返りを話しました。前半でnicoさんが、「水瓶座」がなぜ大事なのか、このサイクルと次のサイクルを連動させていくのは水瓶座期での振り返りである。ここがサイクルワークの肝なのでかなり丁寧に解説されていました。

 

WSの事前に自分の1年10ヶ月を振り返り感じたことを下書きしていたこのブログと、nicoさん解説がドンピシャだったので、WSでは迷いなくこの話を紹介させていただきました。

 

(ここから自分レポ)

わたし自身の火星サイクル2017-2018をレビューしてみます。

火星が1:牡羊座、2:牡牛座、3:双子座、4:蟹座の時期。 2017年1月28日から7月上旬

 

この時期は、たくさん遊び方を考えました。12サインの早い時期に、火星サイクルを広く知ってほしいと言う気持ちがわたしの本体を引っ張り、行動的に過ごしました。

続きを読む >>

まもなく魚座期 キング牧師のアイ・ハブ・ア・ドリーム 夢語りの火星力 

  • 2018.11.15 Thursday
  • 12:40
みねんこです。
11月16日、火星は最終サイン魚座に。
今年3月から今日まで8ヶ月間(山羊→水瓶→逆行/山羊→順行/水瓶)において、集中的にエネルギーを注いだことは何でしょうか?
.
他人の考えや時代の主流と違っても、率直によい、面白いと思うことを、自分の力で少しでも押し出して行きたい火星熱量。
火星力のポイントは、多少外圧を受けても凹まないよう自己価値を獲得し、外(環境)に向け率直に主張してみたいというベース(自己基準)の変化。
.
明日16日から大晦日までの魚座期では、新しい自己基準が、この先どのような喜びや楽しみを作り出すかをイメージしてみる。
 12サインの火星のサマリー 2019-2020
.
続きを読む >>

火星サイクル2017 自分の活動レビュー

  • 2018.11.12 Monday
  • 18:26

みねんこです。

今は火星サイクル2017-2018の水瓶座期、11番目のサインの28度、30度まで残り2度の最終盤。

新しい火星サイクル手帳2019のサマリーに水瓶座は「周囲からの評価を得て、自分の価値を認識できる時期」とあります。

 

サイクルのピーク山羊座までに起こしたアクションと手にした結果、良いものも、まずいものもある。

水瓶座、風エレメントの交流で客観的な他者のコメントを受け取る利点は、誉め言葉もダメだしも、自分には無い視点。

 

ピーク山羊座とフィードバックの水瓶座の対向にある蟹座と獅子座の時期を振り返ってみましょう。

 

 

続きを読む >>

ニコラボ「火星サイクル手帳2019」のご紹介 ァ\莵塒縮鵐好拭璽函ゝ座期のひみつ

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 18:53

みねんこです。

前の記事ぁhttp://nonakaba.jugem.jp/?eid=672)で11月8日、木星の射手座イングレスにあわせて販売予定!と案内しましたが、なんとニコラボ、つびーがアメブロで火曜の今朝、公開しているよ!

火星サイクル手帳2019-2020が出来上がりました。こちらのサイトで先行予約の案内が始まったのです!

https://ameblo.jp/nicoplanet/entry-12414884867.html

nicoさんの12月限定メニュー(火星サイクル手帳つきカウンセリング40分)もありますね。

 

そしてニコラボ火星サイクルプロジェクトのサイトはこちら。

http://mars.nicopla.net/

手帳の先行予約のほかにも新着情報あります。

またこれまでの火星ワークショップに参加された方々からの「声」も紹介しています。

 

火星サイクル手帳、品物の発送は11月10日以降となります。

火星サイクルに合わせてプロジェクトメンバーで製作を進めた結果、なんと、もろもろ、奇跡的にはかどりました。販売サイトを1週間以上の前倒しとなりましたよ。(火星サイクル、さまさま!)

 

なぜに、こうして前のめりなのかというと、魚座期(いまのサイクルの総集編)が重要なのです。

火星サイクルが新しく始まるのは来年の元旦なんですが、手帳にも11月16日〜12月31日の魚座期カレンダーとその過ごし方から掲載しています。

 

続きを読む >>

ニコラボ「火星サイクル手帳2019-2020」のご紹介

  • 2018.10.22 Monday
  • 11:56

みねんこです。

今日は新しくなる「火星サイクル手帳2019」の内容について書きます。

 

全部で170ページ、見開きA4サイズのノートブックです。表紙カラーは火星の赤。

 

ページ構成は、通常のカレンダーに例えるなら、まず見開きで1ヶ月(マンスリー)ブロックカレンダーがあります。

そのあとに週間(ウイークリー)ダイアリーが続き、見開きで2週間という感じです。

 

でも実際は、通常の1ケ月、1週間の単位は使っていません。

 

続きを読む >>

ニコラボ「火星サイクル手帳2019-2020」のご紹介

  • 2018.10.12 Friday
  • 21:21

みねんこです。またつづきです。 △呂海舛http://nonakaba.jugem.jp/?eid=668

 

占星術では、火星は牡羊座のほかに蠍座の支配星でもあります。

水のエレメント(蟹座・蠍座・魚座)は形の定まらないないものを扱うサイン、その中でも蠍座は深い部分、太陽の光が届かない心の奥に潜んでいるエネルギーと関係します。

 

蠍座は火星サイクルにおいてどのような位置づけにあるかについてイメージしてみましょう。

 

人生のなかで発揮する能力や活性する細胞、その人の脳の領域のほんの数パーセントでしかないと言わます。

その隠された部分にあるエネルギーと関係するのがここ蠍座です。

トップ牡羊座から数えて8番目の蠍座は、ホロスコープ構造の中ではスタートから最も離れた地点を折り返して少し進んだ位置にあります。

12サインのサイクルにおいては個人の限界を知ることがテーマとなるでしょう。

 

 

続きを読む >>

ニコラボ「火星サイクル手帳2019-2020」のご紹介

  • 2018.10.05 Friday
  • 12:10

みねんこです。火星手帳のつづきです。

 

太陽の周囲を地球が公転運動するサイクルを表したカレンダーは、つねに一定のリズムを打ち続けます。

ホロスコープのスタート地点、12サインのトップバッター牡羊座0度を太陽が通過する日は毎年「春分」となります。

そして蟹座0度が「夏至」、天秤座0度が「秋分」、山羊座0度が「冬至」という基準となる日を示しています。

「分」とつくのは一日のが昼と夜の時間に等分に分けられる日であること、「至」とつくのは昼または夜の時間の長さが到達点に行き着く日であることを表しています。

 

火星は地球と同様に、太陽の周り(独自のコース)を独自のスピード(公転周期)で進んでいます。

そのため、火星と地球の位置関係は、近づいたり離れたりを繰り返しています。

 

火星手帳では、この変化を取り込んでいます。

地上から観測される火星が12サイン(ホロスコープの360度)を一周する期間を1つのサイクルとしています。

スタート地点(牡羊座0度)を火星が通過する日が火星手帳の始まりの日、終わりの日はゴール地点(魚座30度)に達するときです。

その翌日からまた次の新しい火星サイクルがスタートします。

 

続きを読む >>

ニコラボ「火星サイクル手帳2019-2020」のご紹介

  • 2018.10.04 Thursday
  • 20:10

みねんこです。

火星サイクル手帳ってなぁに?

そんなあなたへのメッセージです。

 

続きを読む >>

建前と本音と火星サイクル 自分の中の火星観測

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 20:57

みねんこです。

 

・火星サイクルを使って毎日のなかに活力を、楽しくイキイキと過ごす。

・火星の運行リズムを日常生活で感じる。

・新しいことにチャレンジし、なりたい自分に近づくために火星を使おう。

 

ホントにそんなことが出来るのか、半信半疑の気持ち。 これが本音だろうか?

それに計画を立てて行動し、目標を持て動き続けることがもともと苦手。 これが本音?

そんな私が火星サイクルPJの旗振り役をやっていいのだろうか? やっぱこれが本音か?

そんなこと簡単に出来るわけないじゃん、無理よ、それが本音?

 

 

いやこれは恐れの感情。

本当の自分の願いは、その恐れの感情の奥にある。本音はそこにある。

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM