今回の火星逆行ポイント(3)前進イメージの修正

  • 2020.08.31 Monday
  • 18:42

みねんこです。

今年のオリンピック中止が3月に決定しました。

オリンピック選手たち、パラリンピック選手たちは活躍の機会を失いました。

 

本番から逆算して行動目標や仕上がりチェックなどコンディションを作り上げていく、本番シーズンの太陽獅子座シーズンに華やかな舞台で力を輝かせる。

のはずが、半年後の目標が立ち消える、一般人には想像できない危機的状態。

 

獅子座シーズンは、今回の出来事を踏まえて、目指してきた未来を大きく修正する夏に。

さらにその先に向けて線を伸ばしていく。

牡羊座火星、山羊座の木星土星の具体的な感じかたをイメージするのに大変参考になりました。

 

続きを読む >>

今回の火星逆行ポイント(2) 明日の朝がスタート

  • 2020.08.25 Tuesday
  • 18:41

みねんこです。

最近の調子はどうですか?

わたしは不調です。

 

集中力が続かず、予定していた作業があまり進みません。

暑い日が続き、外出エンジョイの空気じゃないこともあり、ついついボンヤリしがちです。

大した事をしていないものの、身体と頭は疲れている感じ。

 

パッと決断が出来ず、何かを選ぶのが億劫です。

スーパーに食材を買いに行っても、春に比べて迷っている時間が多くなりました。

 

アレもいいなコレもいいな、あー全部食べたいな、というウキウキ感がゼロで。

困ったときのキュウリとあずきバー、なぜかこれには手が伸びるカレーパン。

あまり考えないと同じものでいいやってなりますし、食べていてもあまり嬉しさがない。

 

続きを読む >>

今回の火星逆行ポイント(1) 牡羊座的体験って?

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 19:56

みねんこです。

 

牡羊座の火星逆行がまもなく始まります。

逆行開始は9/10、その前後9/6〜13はステイション(留)で火星は同じ度数に止まって動かないように見えます。

7月中旬から運行スピードは徐々にゆっくりになってきています。

 

火星が牡羊座に6ヶ月以上滞在することで強調されるのは、牡羊座の特徴(牡羊座的な体験)です。

では、火星の牡羊座的な体験や発揮とは何でしょうか。

 

牡羊座は生まれたての状態と言われます。

続きを読む >>

思い込みを外す 火星サイクルの自由研究を通して

  • 2020.08.18 Tuesday
  • 18:53

みねんこです。

 

太陽系の惑星は、一定の軌道を一定のスピードで周回している。

早く進んだり、コースを変えたりはしない。

 

だから占星術のホロスコープ上では、天体は、どのサインにも均等に配置されるはずだ。

そんな思い込みをしていないでしょうか?

 

天体の軌道が楕円形だったり、太陽からずれた重心だったなら、ホロスコープの12サインを運行する期間は偏ります。

 

たとえば冥王星、軌道の一部は、海王星の軌道の内側を通ります。

乙女座・天秤座を運行する期間が短く(12〜13年)、対向サインの魚座・牡羊座では長く(25〜29年)なります。

 

カイロンは土星と天王星の間にありますが、軌道の一部は土星の内側に入り込み、その反対側では天王星にとても近づきます。

乙女座・天秤座の運行期間は短く(2年)、対向サインの魚座・牡羊座では長く(7〜8年)なります。

 

どちらも公転周期が長いのであまりピンとこないですね。(冥王星は248年、カイロンは50年)

でも長いスパンで見ると12サインに偏りがあるのです。

 

もう一つの天体について思い込みを外したいと思います。

火星です。

 

地球の一つ外側の軌道を持つ火星は、公転周期、会合周期ともに約2年。

地球が太陽を2周する間に、火星が1周するイメージです。(ピタリではないです)

 

じつは火星も12サインの期間に偏りがあるようです。

 

火星の場合は楕円軌道や重心のずれが原因というより、逆行する期間に特徴があります。

獅子座・乙女座・天秤座では頻繁に逆行が起こりますが、魚座・牡羊座ではめったに起こりません。

偏りがあるのです。

 

300年間で調べると130回の逆行があります。

そのうち獅子座・乙女座・天秤座を起点にした逆行はそれぞれ16〜18回あり、魚座・牡羊座はそれぞれ7回です。

火星の逆行サインには偏りがあり、2倍以上の差があります。

 

天体が逆行するとサインにいる時間は長くなりますよね。

だから火星はホロスコープ上の12サインに均等に配置されないと考えるわけです。

 

今回は300年について調べましたが、逆行サインの変化に一つのパターンが繰り返されることが分かりました。

そしてサイクル79年が逆行の一連のシリーズになっている。

79年間に火星逆行が37回起こるうち、獅子座・乙女座・天秤座の合計は13回(各サイン4〜5回)、魚座・牡羊座の合計は4回(各サイン2回)。

 

どうして偏るのか?

地球と火星の軌道が近くにあり、公転周期も1年2年と近いから。

付かず離れずの微妙な関係だからこそスレ違いも起きやすいのです。

しかしそのスレ違いに規則正しさもある。

 

また火星大接近に周期性があることは天文学のデータによって確認されています。

火星と地球が接近するときは逆行が起きます。

 

 国立天文台のサイトより 火星の見え方の変化 2018年


ホロスコープは地球から見た模式図であり、12サインの区域は実際の空の星座とは違っています。

天文学と異なり、占星術的な観点では牡羊座0度に特別な意味を置き、ここから始まる12サインの一区切りと循環を重要視します。

 

基本的な違いがあることに注目して火星の天文歴を調べてみた。

これが思い込みを外すきっかけになり、逆行サインに隠れたサイクルを発見(まだ仮説だけどね)。

さてこの偏りやサイクルにどんな意味を考えることが出来るだろうか。

 

火星について。

内惑星の金星や水星は、日の出前または日没後のわずかな時間しか見えませんが、火星は一夜徹して空に輝くこともあります。

ひとつのサインを1年以上かけて動く木星や土星と比較して、火星の動きはダイナミックです。

火星はハッキリと目に見えて大きさが変化します。

逆行中の火星がもっとも赤く大きく見えるんです。

 

そして2年周期のほかにも隠れた長期サイクルがある。

火星ならではの特徴を心理占星術的に探っていくと面白いと思います。

仮説を立てて、ワイワイ議論しながら。

 

二コラボ火星サイクルプロジェクトの研究テーマに取り上げてもらっています。

火星サイクル手帳2020の巻末に、この大きな火星サイクルのデータ表(一部)を公開、書き下ろしコラムを掲載しています。

興味がある方は読んでみてね。

 

☆オンラインショップはこちら →https://nicoplanet.thebase.in/items/29671442

☆火星サイクルプロジェクト公式ページ →http://mars.nicopla.net/

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

もう一度立つとき 火星で立つ

  • 2020.07.31 Friday
  • 18:25

みねんこです。

 

焦ったり、凹んだりするときに「ちゃんと」しなきゃ、、、「きちんと」しないと、、、、

自分を追い詰め、責めるように「ちゃんと」「きちんと」の言葉が溢れてくる。

 

「こんなんじゃダメだ、どうしていつもこうなんだろう」って考えるとき、もっと「きちんと」「ちゃんと」が湧いてきて

「自分はいつもこれがちゃんとしていない、だから、今またこうなった」という考えにはまり込む。

原因を探して何かを考えているように見えて、どうにかしようと考えているように見えて、この流れにはまっているときは「困っている」状態なだけなのだ。

グルグルと自動で成立して、あまりエネルギーやパワーを使わない状態でもある。

 

この自動グルグルは、過去の不安や恐怖がともなった場面で感じた気分を、今またなぞっている状態で、あまり思考らしいことは起きていない。

どちらかというと「またダメだ」「もうムリだ」「あきらめてラクになれれば」っていう一つの丸の上をグルグルしていて、大きな動きは止まっている状態。

 

続きを読む >>

牡羊座期の火星ワークショップに参加しました

  • 2020.07.10 Friday
  • 19:01

みねんこです。

いま読む本のある章の扉にこんな言葉が載っていました。

 

”子供の最初の泣声は願いである。しかしよく注意しないと、この願いはたちまち命令に変化する。子供たちは最初の内は助けを求めるが、終には服従を要求する。生まれつき無力な子供の心中に、まず他人を頼りにする念が生まれるのだが、それが終には命令、支配の観念を生むようになるのである。“

ルソー『エミール』

 

続きを読む >>

天体サイクルへの興味

  • 2020.07.03 Friday
  • 12:45

みねんこです。

7/1火曜、火星サイクル手帳の無料説明会にご参加の皆様に、後半で数分の時間をいただいて「火星の大きな周期」についてのお話をしました。

 

太陽と火星と地球の位置関係には、占星術的に見たときに、15年または17年のサイクルが繰り返されています。

このことを火星逆行サインの移行と絡めてさっくり説明しました。

 

約2年の火星サイクルを積み重ねた大きな周期(サイクル)、これが個人の創造性を地上において実験的に形にしていく試行錯誤の様子と関係しているのでは?、という思い付きです。

これから2022年5月までの火星サイクルワークの中で、気づいたことをブログや火星サイクルPJサイトで発信したいと思います。

さて、どんな成果がでるのか、乞うご期待。

.
続きを読む >>

人から出た言葉が役に立つとき 

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 12:45

みねんこです。

最近の自分のことを書きます。

 

火星サイクルワークという西洋占星術の中でも今まで誰もやっていないようなプロジェクトに参加しています。

わたし自身が火星という天体の占星術的な意味にあまり興味がなかったので、2015年のとっかかり時は、手近にあった流れに乗っただけです。

何かできることがあれば手伝うよ、全部に賛同して対応できるとは限らないよ、という態度で正体のよくわからないものにあまり巻き込まれないようにしようと思っていました。

 

現在までに、火星の約2年周期を2周分ワークしました。

ワークしたというのは、火星が約1か月半おきに12サインを移動するタイミングで、各サインについていろいろ考える会のことです。

会に参加しなくても、プロダクツ(シートや手帳の各サインのリード文)を読めばエッセンスが分かるように作ってあります。

 

しかし、ワークに参加したり開催時の動画を後追いで視聴すると、自分以外の人たちが12サインのワークに取り組み、直近の体験(往々にして過去の体験の再回収なども含む)をそれぞれに自由な表現で言語化(時には図像化もあり)する様子を見ることで、自分だけでは発見できなかったことに気が付きます。

続きを読む >>

不動サイン社会天体・トラサタ天体の要求を形に変える火星(牡羊座長期滞在に意識すること)

  • 2020.05.22 Friday
  • 13:07

みねんこです。

今日のツイートコピペ。

対象に利用価値があるかどうかは、その時の目的と状況などによって判断が変わる。

もし対象に備わったものに絶対的な価値を見抜いたとしても、それを具体的な事象(場所や時間や関係など)に対してそこそこ適切に当てることが出来ないと、半端でいらいらする。

価値は生かされないから。

続きを読む >>

【火星以降の天体から考える、これまでとこれから】

  • 2020.05.16 Saturday
  • 21:14

みねんこです。

二コラボの火星サイクルワーク、2019サイクルは最終サイン魚座になりました。

恒例のワークショップもフィナーレです。

 

5月30日 土曜  14時〜16時半 zoom開催

【火星以降の天体から考える、これまでとこれから】

第1部:

 火星以降の天体について(nico)

 火星サイクルデータの分析(みねんこ)

 今後の流れ(nico&みねんこ)

第2部:

 魚座期と魚座について

 みんなの「これまでとこれから」をシェア!

 2020火星サイクル手帳・先行解説!

 

参加費:ライブか録画視聴を選べます

 3,300円(火星サイクル手帳ユーザー)

 4,400円(ユーザー以外※特典付き)

★通常ユーザー限定WSでしたが今回は手帳を持っていない方にも特別公開!

申込ページ https://peatix.com/event/1490800

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM