双子座の火星期・雑感  読書・映画・考えごと 

  • 2019.05.10 Friday
  • 12:45

みねんこです。

 

火星のふたご座期も来週でおわり。5月16日に蟹座にサイン移動します。

この期間は本の読み方(選び方)がちょっとこれまでと変わりました。いつもなら読んだ本に夢中になって、解説やあとがきで紹介される本を芋づる式に読むのですが、4月5月はランダムでした。

つんどくになっている本をメインに読みました。

 

「カステリョ」新書、宗教戦争のころの話

「屋根裏の仏さま」物語、第二次世界大戦当時のアメリカ移住者のこと

「フローラの十二か月」植物歳時記、ニコラボの樹木観察会に向けて再読

「植物たちの秘密の言葉」同じ著者の本

「自然をとり戻す人間」同じ著者が1977年にエコロジーを提唱する

「原初の情景」物語、古本

「もうひとつの『異邦人』」物語、カミュの小説をベースにしてアラブ側から語られる

続きを読む >>

いかがですか?牡牛座の火星を振り返ってみて 〜運をつかむこと

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 18:35

みねんこです。火星サインの切り替りです。3/31から双子座期のスタート。

わたし個人は激動の牡牛座期だったなぁ。

身体が訴えることを聞き入れると行動は変わる。新シーズンからの暮らし方が目に見えて変わるはず。最近は体調や体力の波に合わせて、アクティビティの優先順位を組み替えることに素直にうなづける自分がある。

 火星サイクル2019はこんなスケジュール

 

去年は自分の活動力が年齢と共に落ちるイメージ、劣化や老化の焦りが大きかったけれど。それって現実に向き合うことを避けているわけで。

 

年のままに、あるがままに、というのが手抜きや努力停止なんじゃないかという頭でっかちな想像でした。

今年は本当の意味で年相応に、半世紀近く酷使してきた身体を労わりたい。火星で自身を労わる変化って意外だな。

続きを読む >>

否定をひっくり返すのは難しい、肯定から始めて肯定し続けるのはどうだろう

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 12:20

みねんこです。

そのサービスを受けてみてもいいかな。と、昨日、思いました。

 

そう思った理由は、内容や仕組みに対する不安感や不信感が減じたこともありますが、それ以上に、今の自分はそのサービスを受けるに値すると感じたことです。

 

信頼や信用がないのは「そのサービス」のほうではなくて、サービスを「いま必要とするわたし」、サービスにより「未来に好ましい変化をするわたし」でした。

 

続きを読む >>

【5度区分】牡牛座 (1〜5度)1陽/牡羊→(6〜10度)2陰/牡牛

  • 2019.02.22 Friday
  • 11:50

みねんこです。火星はふたつ目のサインに進みましたね。

牡牛座に入ってどんな感じがしますか?

 

 

2/22〜2/28の火星ターム、牡牛座6〜10度(陰、be、実感、二番目の牡牛座的)は新しさを内側に探して。

ディープインパクトの予感。

ふだん使い慣れているものの心地よさ、自分を和らげたり高揚させたりする要素。

どんな状態や環境がその感覚とつながっているのでしょうか。

 

#火曜日は火星の日 #火曜火星の赤

毎週の何気ない一枚が どうしようもなく自分自身だったりする

 

続きを読む >>

【5度区分】牡羊座 (16〜20度)4陰/蟹→(21〜25度)5陽/獅子

  • 2019.02.01 Friday
  • 12:20

みねんこです。

結果として具体的な成果や居場所を得たとき、それが自分の理想とかけ離れたものになっている。

という現実に気づくのが、山羊座に土星がある期間。

 

No!  これではなーい!  ちがーう!

火星の熱はこんなふうにして太陽自己存在や目的意識を刺激する。

創造する喜びや充足の状態にないことを残念がっている火星。

 

わたしは本当はこうしたい!

火星の熱量をネガからポジに変換するのは個人の意識。

 

続きを読む >>

火星 ネガティブな反応も感情も当然

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 12:01

みねんこです。

火星サイクルを使って「いきいき」と「健やか」に生きよう。

と唱えていますが、「怒り」「憎しみ」の感情を担当し、それを意識や行動に反映するのも火星。

 

ホロスコープの構造、12サイン、10天体からこれらの激しい感情や反応を排除してしまっては人間を表すものとはならないでしょう。

生きていく上で必要な自然の感情として、カッとなり、嫌だと表現する。

No!

それではない!

ちがうんだ!

 

それでも現実が変わらないと知ると悔しさや悲しみを得る。

おれはここにいる!

おれはこういう存在だ!

おれは本当はこうしたい!

 

続きを読む >>

牡羊座火星 M/双子 →け/蟹

  • 2019.01.24 Thursday
  • 12:27

みねんこです。

 

アクティブに発信、行動、変化、挑戦!!!こういった「陽」のアクションばかりを続けると人は疲弊します。

行動と体感のズレ、意図と感情のズレ、アクションとリアクションのズレ、自分と環境のズレ。

この一致があったとき、火星と金星の心地よさ、爽快さ、安心感、充足感になりますが、理想と現実にはいつもズレがあります。

 

火星を使って起こした行動「陽」を味わうために火星の「陰」モードを意識たことはあるでしょうか。

ニコラボの火星サイクルワークは陰と陽が連なる12サインを開発して、自分への気づきを得る「陰」モードに着目しました。

 

牡羊座が「陽」であり、火星が支配するもうひとつのサイン蠍座が「陰」の特性です。

相手や環境の前で、牡羊座的な意図をもった自分自身を堂々と表現することとても難しい。

人間関係のストレスや、自信不足の不安の大半が「陰」の火星力の不活性と絡んでいると思われます。

 

 

続きを読む >>

2019から火星サイクルを意識するとよい理由とは、

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 11:45

みねんこです。

15年または17年おきに、火星が12サインを一周りするサイクル中に逆行現象が生じないサイクルがあります。今回2019年元日から始まる火星サイクルがそれに当たります。

個人的には、この逆行無しサイクルは15年(または17年)の大きなスパンの起点に当たるタイミングだと思います。

 

なぜなら続く火星サイクルは牡羊座、牡牛座、双子座といった初期サインで逆行が生じ、サインは少しずつずれていき、7サイクル(または8サイクル)後には終盤サイン水瓶座、魚座で逆行するようになります。

このように逆行サインが成長のプロセスを経てきた後に、今回2019サイクルのような逆行現象が生じないスムーズなサイクルが生まれます。

火星と太陽、地球の位置関係がこのような規則せいのある大きなサイクルを繰り返しています。

 

続きを読む >>

新生!ニコラボ・みらいづくり研究所 &火星の一歩 &ユーザーの皆様へ

  • 2019.01.10 Thursday
  • 19:30

みねんこです。1月8日の朝、nicoさんのブログを見て驚きました。

「1/23水 みらいづくり研究所 人を育てるということPart1仕事編」

http://nicosmic21.blog.fc2.com/blog-entry-1630.html

そしてウェブマガジンの記事「ニコラボ★リニューアル」

http://nicopla.net/info/3104/

 

寝耳に水でした。

ニコラボが、ニコラボ・みらいづくり研究所と名前を変えたことも、毎月、みらいづくり研究所なる会が開催されることも。一回目に、もずくさんと、みよちゃんが、フィーチャーされることも、どれも知らないまま、SNSに来た内容を読んでいました。

 

続きを読む >>

火星ラジオです。

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 19:00

みねんこです。

 

火星サイクル手帳がFMラジオの取材を受けました。

くわしくはnicoさんブログ http://nicosmic21.blog.fc2.com/blog-entry-1616.html

 

放送日は14日金曜、あさ6:30から、番組はFM FUJI 「Yes! Morning: 宙のモリモリ」です。

radikoでnicoさんトークを聞いてみてね。

 

火星は魚座の後半に入りました。

火星を通しての体験や発達段階で16度〜20度は、12サイン蟹座に相当する「陰」モードです。

 

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM