天王星の牡牛座 金星のリニューアル2

  • 2018.05.21 Monday
  • 11:11

3月初めに書いて、すっぽかしていた天王星テーマの続き、牡牛座最終度数の太陽の今日に発掘しました。双子座イングレス前に急きょアップだ。ぎりぎり!

(前記事http://nonakaba.jugem.jp/?eid=588

 

なんとなく25年前の声をイメージしてみました。

 

街中に公衆電話があり、贈答品にテレフォンカードがあり、電話を引いて所在と信用を確かに整えて独り立ち。

待ち合わせの場所と時間は余裕を持って、ムリなスケジュール調整はマナー違反。仕事の電話は事務職が取り次いで、不在のときは折り返したりかけ直したり。

市外通話は高かった。国際通話はあり得ないほど高い。電話は必要性の高い緊急の場合にかけるもの。

 

続きを読む >>

木星 際(きわ)まで行き、新しい領域に接して交わる 

  • 2018.05.17 Thursday
  • 12:37

みねんこです。前の記事(http://nonakaba.jugem.jp/?eid=611)でノーベル賞のことを書きました。

「私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」

という発明家ノーベルの遺言ではじまりました。

サインでイメージすると、遺産金(蠍座)をもとに基金(水瓶座)を設立し、利殖で得た利子(蠍座)を人々に分配(水瓶座)となります。

賞は1895年創設、最初の授与は1901年ですので116年の伝統があります。

 

続きを読む >>

好きで 世界を いっぱいに 牡牛座天王星

  • 2018.05.14 Monday
  • 12:16

みねんこです。いよいよですね。

5/16、日付が変わってすぐに天王星が牡羊座から牡牛座に移動。

5/16、午後2時ころ火星が山羊座から水瓶座に移動。

半日足らずで活動サインのスクエアが不動サインのスクエアに切り替わり、天王星と火星の支配関係も変わります。

 

これまでの7年間は、牡羊座というサインを通して天王星と火星は協調的なつながりを持っていました。直感的で威勢がよく後腐れない感覚(さっと切り替わり次に行く)、そんな連携がちょっと変わります。

 

水瓶座に入った火星は、天王星の支配を通して牡牛座(支配星・金星)の影響下にあると考えます。

牡牛座で火星の品位はデトリメント(障害)ですし、牡牛座の天王星というのもスクエアである牡牛座−水瓶座の関係を考えるとフィット感は薄いです。火星が魚座に移動する11月までの半年間のムードです。

 

 

続きを読む >>

過去の自分にありがとう! 山羊座土星の逆行効果かな

  • 2018.04.26 Thursday
  • 12:43

タイムリーな記事。
しかしこれは2016年10月の過去記事です。
10月19日の火星と冥王星のコンジャンクションを控えたわたしの心意気。

 

みねんこのブログ
「山羊座の火星 冥王星と合に」から  http://nonakaba.jugem.jp/?eid=319

 

--*-*--*-

いま時点では自分も周囲も難しいと考えるような目標を達成したときの誇らしい自分像を遠くに持ち、同時にそのプレッシャーと戦い決断や引き受けを後押しするエネルギーとなる、それが山羊座火星のイメージです。
社長や上位者に限らず、個人のテーマを達成するためにも、ひとつひとつの矢印を束ねて行く作業に必要な力です。

 

小さな負けを受け入れることと引き換えに大きな変化から全体像を守ることができる安全な領域での「戦いごっこ」では敗北や撤退や死は遠くにあるものです。

 

続きを読む >>

天王星イメージあれこれ 革命的 実験的 人道的/火星冥王星のこと、牡牛−獅子の上弦の月についても少々

  • 2018.04.23 Monday
  • 12:02

みねんこです。ツイートにちょっと付け加えて投稿します。

 

天王星は革命の星だけど何でもとりあえずひっくり返す訳でないだろう。

革命の星だからこそ必然性や普遍性、公共性、平等な再分配、多くのハードルがあるわけです。

考えて、説明し、試行して、議論し、再び組み立てて、何度も壁にあたるでしょう。

 

また効率重視で誰かが得をする仕組みではない。

実験的で答えは不確定。

失敗しても各自がそれを受け止めるところがスタート。

それでも必要かどうかが分岐点ですし、ここにかかるコストや時間の負担についても焦点になるはず。

 

一遍にひっくり返さずに各所の調整を重ねて試行錯誤を繰り返していくのも科学的な方法だから十分に天王星的な出かただと思う。

続きを読む >>

天王星 牡羊座から牡牛座へ 

  • 2018.04.12 Thursday
  • 17:45

みねんこです。自分ツイートからコピペ。

 

示威のための極論。

危ういが、よく突き詰めていくうちに深い動機に探りが入って、夢中になって掘り進める。

やがて示威行動じたいはどうでもよくなる。

 

強い刺激や違和感、焦燥や危機管理がきっかけで自分の根っこを見つめる。牡牛座の天王星ショック。

好きだったものの魅力が薄れるかもね。

一時的に対象への興味が失われたり、嫌気がさしたり、反動から極端に反対側に離れたりするかも。

 

続きを読む >>

船と木星

  • 2018.04.05 Thursday
  • 21:27

みねんこです。

舟についてイメージ。

 

はじめは実用的な漁民の生活と仕事の小舟。点在する集落を渡るように沿岸沿いに進む。

取り扱う荷が多くなると大きな船も出来てくる。こちらは個人の暮らしより商人の投資や投機の性質がある。

 

大きな船がつける入り江が拠点になる。

小舟はここへ集積する。 各停と急行の区分みたいね。

小舟は月や水星で、大きなお船は木星のようで。

 

続きを読む >>

天秤座 満月 

  • 2018.03.30 Friday
  • 23:42

おひさしぶりです。みねんこです。

 

2018年3月31日

天秤座満月

 

わたしたちはいつもいつも過去に囚われながら生きていて。

 

牡羊座入りした太陽は近い過去のネガティヴな経験や心象から振り解かれていて、どんなリアクションがあっても新鮮に受け止める純粋さを持ちます。

 

11室の満月と5室の太陽は2室の山羊座土星火星とTスクエア。

過去経験の苦い味わい、厳しいひと言、自信を失った契機となる記憶。

同じパターンを繰り返すかもしれないという警戒心は全身を緊張させ身構えてしまうものです。

あるいは先回りして相手の出方を封じようとするかもしれません。

 

続きを読む >>

新月・満月 天王星のシンクロ二シティ

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 21:52

みねんこです。

2/16の水瓶座の新月図はアセンダントも水瓶座、1室の日食でした。そこに天王星がセクスタイルで、サイン移動を控えた天王星の存在感が強まっています。

 

日食は水瓶座27度でした。

月サイクルは29日なので、新月が起きる度数は毎回1度ずつ若くなっていきます。

なのでサインの終盤度数で新月が起きる期間は、牡羊座終盤にある天王星と毎回アスペクトを作ります。

その角度を一覧に。

 

続きを読む >>

天王星の牡牛座 金星のリニューアル1

  • 2018.03.05 Monday
  • 19:30

みねんこです。天王星が象徴するものごとについて考えました。

 

天王星が牡羊座にイングレスして新しい84年のサイクルが始まったのは2011年3月、東日本大震災の翌日。もうすぐ7年経ちます。

牡羊座期間には、個人の中に直感やザワツキとしてあったのではないでしょうか。衝動から熱く尖った行動、対立や分離を経験したかも。

マスメディアの写し出すものに、大きな共感や賛同が集まって、即時に新しい動きが生まれて。天王星がSNSサービスで促進する。体感としてポジティブなものも、ネガティブなものもあったでしょう。

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM