蠍座と8室/埋葬 タブー 聖域

  • 2018.02.09 Friday
  • 18:46

「埋葬」についてちょっと考えたこと。wikiを眺めてみました。

縄文時代・弥生時代の土葬や火葬の例も発掘されているそうですが、日本では古代から中世くらいまで庶民は河原や道端などに遺棄されるケースが多かったと書かれていました。

日本には穢れの思想があって、貴人の墓所の管理も案外とおろそかだったようだと書いてありました。

 

遺棄といっても、頻繁に通行しない鬱蒼としたところ、日常の生活領域とその場所は離れていたのでしょうか。

といっても一緒に暮らしていた家族や仲間が亡くなって、置き捨てにする様子はあまり想像できません。

悼む気持ちや死者への共感よりも、集団生活の中で、このようにしなければならない「掟」のような決めごとに従って動いていたのかもしれません。

 

続きを読む >>

集約完成の山羊座と活動サインの起動力 手を取って進み続ける

  • 2018.01.12 Friday
  • 12:47

みねんこです。山羊座は射手座と水瓶座にはさまれています。

 

射手座と山羊座は社会天体木星土星が支配する。現実に主体的に関わっていくこと、自分あり方や置き場所を感じること。

9室と10室の間を仕切る軸の頂点がMCであり、個人が関わる周辺環境までの領域を意識した行動や考え方が振る舞いとして現実化する感受点。社会に見える自己像です。

 

年末の札幌木星土星ワークショップは参加者45歳超の木星年齢期でした。みんななにがしかの「キャリア」があります。

肩書き、資格や免許、所属組織や分野のキーワードは今の顔をつくる要素ですが、固定のものではない。ここまでの軌跡すべてをキャリアと考えると、成功も失敗も、動機の変遷や、影響を受けた出来事などを含みます。

続きを読む >>

冬至 山羊座 太陽の新生 

  • 2017.12.22 Friday
  • 12:35

みねんこです。

1年間のうちで最も夜が長くなる日。太陽が天空を支配する時間がもっとも短い日。

現代都市では街全体が暖かさと明るさを維持していて、クリスマスから年越しの山羊座期間が最も華やかになるのではないでしょうか。

地球上の北半球ではどこにおいても日照時間が減り、大気や大洋は熱を蓄えることができません。

その影響を受けて生命活動が制約されます。草木も、虫も魚も、鳥も獣も。

 

続きを読む >>

土星山羊座入り 到達までの戦略 起動までのイメージ

  • 2017.12.20 Wednesday
  • 12:33

みねんこです。今日、13:49にサイン移動です。

 

ホームの山羊座に回座した土星は、牡羊ポイント(活動サインの0度、3区分の新しい始まり)を超えて行こうとする太陽(射手座28度)を力強くリードしています。

進むべき方向を今見ている。自分が前を向いていることを意識する。スタートラインにつくことを意識するひと、最終段階に取りかかる時期と考えるひと、どちらもあるでしょう。

 

続きを読む >>

火を住まわす地 人と世界を作り出す価値の力 

  • 2017.12.07 Thursday
  • 12:01

みねんこです。芸術性の高い造形品について寝る前に考えてみたこと。

 

それは、人の心を動かします。人の欲望を動かします。

その価値をめぐっていろいろ思い描き意思を持って行動する人がいると日々の世界創造に影響します。

で時代を動かし、歴史を作ります。

 

人々に振り返られることなく放置され、風化して形を無くしていく品々がほとんどです。

そんななか、人が大切に仕舞っておこうとする価値を感じるものはケア(保護や維持や手入れ)されます。

仕舞っておくだけではもったいないなーと感じれば、特定の場所で特定の人々に公開されたり、その価値が世界各地を旅して不特定多数の目に触れたりするでしょう。

 

続きを読む >>

向社会的な行動

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 12:56

みねんこです。いま読む本からメモ。

 

ゴリラやサルと比べて共感能力以上の同情の感情を手に入れた人間は、相手の痛みを分かち合う心を持ち、次第に向社会的行動を起こすようになる。人間社会の教育のはじまりは共鳴を高めたシンパシー(同情心)から出てきたのではないか。ついつい手伝ってやりたくなる、お節介。

 

続きを読む >>

射手座期間のアセリ

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 12:30

みねんこです。

射手座に太陽が入り1週間。

 

取り組まなければなれない課題が目の前にある人はグングン進んでいるように見えます。

課題が自発的なテーマであるケース、人は意気揚々として見えます。

 

続きを読む >>

射手座から山羊座に。 というか山羊座的活動の背景につねに射手座の空気を感じるような。

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 20:14

みねんこです。

人が集まってグループやチームになるとき。

何かを一緒にこなすために期間限定でチームが発生するとき、そこで目的が共有されると徐々に様々な仕事とか作業とか気遣いが生まれはじめます。

様々な仕事要素、それらを誰がやるか。誰が何をやるか。どうしたら目的ゴールに近づくか。

何かの作業を誰もやらない場合には、目的ゴールのかたちやそこまでの経路の変更が必要になります。

 

様々な仕事のいくつかをやることを引き受ける個々人は、そのアクションで自分が何を得られると考えただろうか。

実際に動いてみて、それらを得た実感があるか。得られないときどうするか。

個々人が当初目的として思い描いた対価を得たり、目指した状態へ近づく手応えを実感したり。

その次にどうするか。何を考えるか。

 

続きを読む >>

射手座の原動力は蠍座のドロドロの中に

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 12:37

みねんこです。

ダービー先生のセミナーの初日は木星土星がテーマでした。終わって昨日考えたこと。

木星といえば全知全能の神ゼウス。全知全能である彼に対等に渡り合えるバイタリティをもった正妻である女神ヘラ。そのパートナーシップがあるから数多くの逸話を残すことになったのでしょう。とおっしゃっていました。そのイメージは翌日のリレーションシップ金星のセミナーへの導入に感じました。

 

続きを読む >>

天秤座 社交に目的があるのとないのと

  • 2017.10.13 Friday
  • 12:09

みねんこです。太陽天秤座ですが社交的になったのは段階を追ってでした。

 

小学生のころは引っ込み思案でした。もう少し自分のことをハッキリと言葉で伝えられるようになるといいですね、と毎回通信簿に書かれました。

行き帰りが一緒の4人グループでならじゃれ合ってアレコレ言えるけど、他グループと交わった大きな輪、初めての人との場面では無言で笑みを浮かべていました。何が楽しくてここにきているのかよく分からない、そう見えても仕方ないなと思います。なんとなく交りたかっただけなので。

 

中学生になっても引っ込み気味の傾向は続きますが、行き帰りが一緒になるという消極的な理由ではなく共通の趣味の話ができる人たちと自然にできるグループに移りました。ここでは打ち解けていられ、異なる主張がぶつかる刺激や発見も少し体験でき、参加する喜びが増えました。

関心がないところでは自分オフの顔(人畜無害の大人しそうな笑み)、関心がある場所では聞いて!という参加モード。自分オン/自分オフの切り替えを意識的にやっています。女子全体、クラス全体という大きな輪になると主張せずに端っこでニヤニヤしているほうが楽でした。

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM