すべての活動に自分らしい意味づけを「新しく」 火星WS@札幌12/1

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 11:50

みねんこです。

#火曜日は火星の日 #火曜火星の赤 二つのハッシュタグは今週もやってます!

ツイッターでタグ検索すると毎週の軌跡が見られます。

去年の初夏、火星が蟹座運行のころから始めたハッシュタグ活動です。

活動サインの火星はエネルギーがグッと動くとき。

 

蟹座は12サイクルで2番目の活動サインです。

牡羊座のスタート時(2017/1/28)にはまだアイデアもなかったわけですが、ツイッター上で赤い写真を火曜に上げるうちにお仲間の一人がいろんなタグを上手く使っていたんですね。

それを見て、ああ同じタグを付けてもらえば、火曜の活動を共有できるし、あとで振り返ることが出来るかも。

そういうふうに心がグッと動いて、蟹座火星は、ツイッターのフォロワーにこのタグを付けてね!とDMで呼びかけました。

 

反応してくれた人ありがとう。タイムラインのタグを見て自然と合流してくれた人ありがとう。

毎週コラージュするようになったのは2017年10月からです。

 

 2017年10月24日の赤タグ☆コレクション 第1回

 

 

続きを読む >>

2017 火星 獅子座期のわたくし

  • 2018.11.19 Monday
  • 19:30

みねんこです。

 

11/17土曜日、魚座ワークショップ総集編にご参加いただきありがとうございました。

WS後半のシェアタイムに自分の振り返りを話しました。前半でnicoさんが、「水瓶座」がなぜ大事なのか、このサイクルと次のサイクルを連動させていくのは水瓶座期での振り返りである。ここがサイクルワークの肝なのでかなり丁寧に解説されていました。

 

WSの事前に自分の1年10ヶ月を振り返り感じたことを下書きしていたこのブログと、nicoさん解説がドンピシャだったので、WSでは迷いなくこの話を紹介させていただきました。

 

(ここから自分レポ)

わたし自身の火星サイクル2017-2018をレビューしてみます。

火星が1:牡羊座、2:牡牛座、3:双子座、4:蟹座の時期。 2017年1月28日から7月上旬

 

この時期は、たくさん遊び方を考えました。12サインの早い時期に、火星サイクルを広く知ってほしいと言う気持ちがわたしの本体を引っ張り、行動的に過ごしました。

続きを読む >>

まもなく魚座期 キング牧師のアイ・ハブ・ア・ドリーム 夢語りの火星力 

  • 2018.11.15 Thursday
  • 12:40
みねんこです。
11月16日、火星は最終サイン魚座に。
今年3月から今日まで8ヶ月間(山羊→水瓶→逆行/山羊→順行/水瓶)において、集中的にエネルギーを注いだことは何でしょうか?
.
他人の考えや時代の主流と違っても、率直によい、面白いと思うことを、自分の力で少しでも押し出して行きたい火星熱量。
火星力のポイントは、多少外圧を受けても凹まないよう自己価値を獲得し、外(環境)に向け率直に主張してみたいというベース(自己基準)の変化。
.
明日16日から大晦日までの魚座期では、新しい自己基準が、この先どのような喜びや楽しみを作り出すかをイメージしてみる。
 12サインの火星のサマリー 2019-2020
.
続きを読む >>

天王星のポジティブな利用  出立 別れ リスクテイク 

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 12:30

みねんこです。

組織に作用する天王星は、目的や体制の刷新、新分野に挑戦、古びたシステムの効率化など、新しい未来の選択にかかわります。

分岐点に立ち、リストラ、改革を考え行動に移すプレッシャーです。

 

いまは火星が水瓶座にあるので、営利追求重視の旧タイプはこれまでに組織が継承運搬してきたものに、延命させる価値があるか、未来においても必要であるか、どうなのかをレビューするのにいい時です。(水瓶座期は数日でおわるけど)

 

個人の欲望や願いより、組織のそれのほうが大きく強いため、テーマ自体が長く地上に存在できます。個人の思いが反映されたグループのテーマが未来に運ばれ、一人でやるよりみんなとやったほうが遠くまで行ける形です。

早く行きたいなら一人でいけ、遠くまで行きたいならみんなと行け。アフリカのことわざを思い浮かべます。

 

続きを読む >>

火星サイクル2017 自分の活動レビュー

  • 2018.11.12 Monday
  • 18:26

みねんこです。

今は火星サイクル2017-2018の水瓶座期、11番目のサインの28度、30度まで残り2度の最終盤。

新しい火星サイクル手帳2019のサマリーに水瓶座は「周囲からの評価を得て、自分の価値を認識できる時期」とあります。

 

サイクルのピーク山羊座までに起こしたアクションと手にした結果、良いものも、まずいものもある。

水瓶座、風エレメントの交流で客観的な他者のコメントを受け取る利点は、誉め言葉もダメだしも、自分には無い視点。

 

ピーク山羊座とフィードバックの水瓶座の対向にある蟹座と獅子座の時期を振り返ってみましょう。

 

 

続きを読む >>

2018 蠍座新月サイクル◆_仞韻般收韻離好エア

  • 2018.11.09 Friday
  • 12:21

みねんこです。前の記事(http://nonakaba.jugem.jp/?eid=682)のつづきです。

 

水瓶座にある火星の動きを見ると、天秤座金星R(逆行)の120度を解き、牡羊座天王星Rの60度に向かっています。

その頃には射手座木星とスクエア90度の圏内に。

 

16日、火星は月をリードしてコンジャンクションしながら魚座入り。

火星を追い越す魚座の月は、射手座入りした木星と最初にメジャーアスペクト(90度)となります。

16〜21日は、魚座と射手座に二つのスクエアが出来ます。海王星と水星R、火星と木星。(17日は月が海王星とコンジャンクション)

 

教え導く木星と個人のサバイバル火星のスクエア。どちらも外に向けて自分の思いを主張するシンボルです。

蠍座新月を調和へ導く海王星と、新月図のカギとなる水星のスクエア。嘘や偽装、欺瞞、真実を覆い隠す言葉。

 

続きを読む >>

2018 蠍座新月サイクル /綫韻カギ

  • 2018.11.08 Thursday
  • 17:30

みねんこです。

先週、今後の星の動きに思うことを書きました。不動サインから柔軟サインへの切り替りをイメージしながら。

「星の動きが心をつくる 12サインを円環として感じるあそび」

http://nonakaba.jugem.jp/?eid=678

今日は蠍座の新月図(2018/11/8/ 1:02 東京)について感じるところ、考えてみたことなどを。

 

太陽と月が重なる新月は、不動サイン蠍座15度で起こります。でもいくつかの天体がサインの境界線近くにあります。

不動サインには木星がありますが、蠍座29度。すぐ夜に射手座入り。

また前日7日には、牡牛座から逆行中の天王星が、前のサイン牡羊座に戻りました。

翌日には、月も射手座に移り、蠍座には太陽だけが残ります。

 

続きを読む >>

今週末は 木星と「ロス」について話そうかな 

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 12:40

みねんこです。

 

今週末11月10日土曜日は15時から「木星研究」第2回、灯台屋さんでの心理占星術デイ!です。

前回は「my 1st 木星リターン」語りという感じでシェアし、

子供と思春期のはざまで小学6年生が思うことなどを通して「アセンダントのサイン」が自覚的に振り返ることだ出来た!

という手ごたえがありました。

 

まぁそれもいま大人になって50代40代30代の成熟した目で自分と当時の環境を探るから起きること。

占星家が一方的に言い当てることが出来る「一般例」ではないんですね。

環境との関わりが幼い自分の自我形成にどんな風に影響しているかを体感できる面白いワークでした。

 

続きを読む >>

火星リターンの星茶ざんまい 風エレメントの分離について

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 12:36

みねんこです。

11/3土曜、11/4日曜、どなたか星茶しませんか?と週の半ばに呼びかけたところ、嬉しいことにどちらにもリアクションがありました。

 

土曜日は新橋で15時から。

初めて星茶に参加希望のリアクションをくれた初学者の方、もう一名はAOAJ主催海外占星家の来日セミナーで何度も会っている学びの友。みねんこ入れて3人グループでした。

集まるメンバーの偶然はいつもどこかに表れて、二人ともライツ(太陽サインと月サイン)が双子座・水瓶座の組み合わせ、木星水瓶座、土星双子座、アセンダント天秤座にタイトに天王星が合、というお揃い現象。

 

この日の早朝、わたしは火星回帰のタイミングでした。水瓶座の後半です。

水瓶座や天王星の強調があるのは大きな刺激になるし、わたしは天秤座生まれ、土星双子座なので風のエレメントの響きあいの場となった印象です。

 

風のエレメントの響きあいって、どんなんでしょう。

 

風のエレメントのグランドトラインという配置は思考と言葉が調和しているイメージをもたれやすいと思います。そういう特徴があると書かれていたり。

しかし必ずしも会話や言語表現が上手なわけではない。どちらかといえば、自分の言いたいことを伝えるための言葉選びにとても慎重だったり時間がかかったり、一度言いかけてヤッパリ違うと感じてちょっと言い淀んで引っ込めたり、言い直したり。

続きを読む >>

木星の蠍座期をふりかえって ゼウス神話のはじまり

  • 2018.11.02 Friday
  • 12:48

みねんこです。

木星の蠍座期(2017年10月からの1年間)で、このトランジットと関係すると印象したキーワードをいくつかあげます。

 

METOO、セクハラ、パワハラ

オンラインサロン、noteの有料記事、クラウドファンディング、youtuber

ネットの医療記事に関して、麻疹の流行、大麻合法化の動き

沖縄県知事選、朝鮮半島の融和への動き、briexitの行方

地震や豪雨など大型の自然災害

働き方改革、WLB、少子化対策

 

蠍座は、負の遺産という意味を持つサインです。

これは、みんなのお荷物だったり、癒えきらない傷あとだったり、オープンに語ることが憚られるものごとです。

 

過去にとても深刻な問題として持ち上がり、危機を乗り切るための対処は行われた。

それにより表面的な平穏は取り戻したと考えられるが、解決しないまま忘れられ、放置されてきた問題がある。

つまり根本的な解決や解消には至っていないままであるということ。

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM